BMW 3シリーズ(2014)レビュー:2015年モデルとの違い・維持費・価格・中古車情報も

BMW GT3
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

新車もだが、過去のモデルも根強い人気があるBMWの3シリーズ。2014年モデルは、中古でも非常に状態が良いものが販売されている。2015年モデルとの違いや中古での価格なども併せて紹介したい。

総評(2014)

2014年の3シリーズは、その年に発表された同クラスの中でもトップクラスの性能を備えていた。

エンジンはパワフルで、思い通りのハンドリングができる。また車内も広々としており、後部座席も心地よく、荷物スペースもセダンとしては充分だろう。運転を楽しむ車としては申し分ない。

ただ、インテリアの素材がやや安っぽいことだけが、標準装備でも値段が400万を超える車としては残念だった。
 

評価ポイント(2014)

  • 印象的なハンドリングと加速
  • 広々とした車内
  • 優れた燃費

 

マイナスポイント(2014)

  • 標準装備のやや安っぽいインテリア素材
  • スイッチギアがやや使いにくい

 

2015年モデルと2014年モデルの違い

状態さえ良ければ、2014年の3シリーズを中古で買う方が、2015年を新車で買うよりもお勧めかもしれない。

2015年にアップデートされた主な特徴といえばBluetoothのオーディオが標準装備に程度で、それ以外には大きな違いははない。

燃費に関しては2014年モデルの方が僅かだが上であり、システムの信頼性も高いことから維持費も安く済む可能性が高い
但し2014年モデルは使われているレザーやメタルパーツがやや安っぽいので、そこだけは注意が必要である。

2014年モデルの中古車の価格は、2015年3月1日時点で400万円程度からと、新車より50万~100万円程度安いことが多い。走行距離やキズに加えて、シートの素材などインテリアのクラスを確認する必要はあるが、充分に検討してみる価値があるだろう。

 

海外評価(2014)

“The 3 Series comes with some of the most powerful and fuel-efficient four- and six-cylinder engines in this class and arguably the nicest interior furnishings. It also has a reputation for providing sporty handling and a fun overall driving experience.” — Edmunds
(2014年の)3シリーズのエンジンは、このクラスで最もパワフルでかつ燃費の良いエンジンを備えている。内装の配置やシートも非常に良い!スポーティーなハンドリングと運転の楽しみを味わうことができると評判だ。

 

動画で走りやインテリアをチェック(2014)

3:00と5:00頃に、インテリアが動画で確認できる。標準装備のモノトーンのシートについては、動画でもやや「高級車の雰囲気がない」と評されているので、中古車を買うときにも実際の車をしっかりと確認してほしい。

 

3シリーズやBMWの車についてもっと読む

アウディ A4 vs. BMW 3シリーズ:徹底比較
2015年版 BMW 3シリーズ vs. 2015 メルセデス・ベンツのCクラス: 徹底比較
BMW 2シリーズActive Tourerレビュー:走り・試乗・口コミ
BMW 5シリーズ(2015年)の走り・試乗レビュー・口コミ

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー