BMW 新型7シリーズ(2015)試乗レビュー:走りや燃費をメルセデス・ベンツSクラスと比較

2015-bmw-7-series_100470368_h
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

最高のラグジュアリーカーとしてメルセデス・ベンツSクラスとともに高い評価を受けてきたBMW7シリーズ。
今回、2015年モデルが2月に販売になったが、その実力はどうか。

総評

豪華さはどちらも一流といって良い。BMW7シリーズは、基本的に総合力が高い車といえる。

メルセデス・ベンツSクラスと比較すると、力強さをとるならBMW7シリーズ、燃費をとるならメルセデス・ベンツSクラスといえるだろう。

※6代目となる最新7シリーズの試乗レビューを読むならこちら(2015年5月7日追加)
※6代目となる最新7シリーズの公開された写真を見るならこちら(2015年6月11日追加)

評価ポイント

  • 性能の高いエンジン
  • ホイールベースの長さが選択可能
  • 豪華なインテリア
  • 安定したステアリング

 

マイナスポイント

  • ブランド志向が強い
  • 燃費という点では二流

 

試乗レビュー

前々から定評のあったラグジュアリー感は健在だ。まず、この点に不満を漏らす人は少ないだろう。

BMW7シリーズの強みは走りだ。ベーシックモデルの740iは3.0リッター直列6気筒ターボディーゼルエンジンを搭載し、最高出力235kW、最大トルク450Nmを生む。加速も迅速で滑らかであり、満足度が高い。
メルセデス・ベンツSクラスのS400ハイブリッドは740iより価格が30万円程度高いが、最高出力225kW、最大トルク370Nmなので力強さではBMW7シリーズに軍配が上がる

より高いグレードにするほど力強さ、スピードが増し、4.4リッターV型8気筒ツインターボチャージャー付きエンジンを搭載した750iの走りは特に満足できるものだった。

しかし、燃費という点でBMW7シリーズは課題が残る。740iの燃費は12.1km/L(JC08モード)、アクティブハイブリッドでも14.2km/Lである。これに対してメルセデス・ベンツSクラスのS400ハイブリッドの燃費は15.4km/Lである。

最高のラグジュアリー感と満足感のある走り。BMW7シリーズは総合力の高い車だが、燃費は今後への課題となりそうだ。

※6代目となる最新7シリーズの試乗レビューを読むならこちら(2015年5月7日追加)
※6代目となる最新7シリーズの公開された写真を見るならこちら(2015年6月11日追加)

動画で確認&海外評価

●エクステリア・インテリアの確認

●アウディA7やジャガーXJLとの走り比べ

 

The 2015 BMW 7 Series puts a focus on handling and performance in a way that most other high-end luxury cars don’t.Beautiful car exceptional interior and great to drive.
BMW7シリーズの2015年モデルは、他のラグジュアリーカーが重きを置いてこなかったハンドリングやパフォーマンスに重点が置いてある車だと思うよ。特別なインテリアに運転の楽しみを備えた良い車だね。

関連リンク

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー