ベンツ新型Cクラスセダン(2015)試乗レビュー:走り、口コミ、海外評価

Mercedes-Benz C 450 AMG 4MATIC, (BR 205), 2015
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

メルセデスベンツのエントリーモデルであり、ワゴンやクーペタイムもあるため、新車でも中古車でも幅広い人気を集めているCクラス。過去にもBMWやアウディとの比較はしているが、今回はCクラスだけに焦点を絞って試乗レビューを紹介したい。

総評

2015年のCクラスは、デザインが全面的に新しくなったが、良いところはしっかりと引き継いでいる。

エレガントなインテリアと、落ち着いた走りが魅力的だというのに加えて、大きな欠点がないというのも大きな評価ポイントである。価格帯はやや高めだが、それを補うだけのデザインや性能を兼ね備えているといえよう。

“The appeal of the 2015 Mercedes-Benz C-Class comes from the way it balances all we want from a luxury sedan. It’s a stylish, comfortable, gadget-laden conveyance that also drives extremely well.” — Automobile Magazine
高級セダンに求めるものをバランスよく兼ね備えているというのが、Cクラスの大きな魅力である。スタイリッシュで、乗り心地もよく、最新のガジェットも搭載している。その上、走りもこの上なく良い

 

評価ポイント

  • おどろくほど豪華な車内
  • 落ち着いた走りと乗り心地
  • 反応が良いエンジン

 

マイナスポイント

  • トランスミッションのシフトが遅い

Mercedes-Benz C 450 AMG 4MATIC, (BR 205), 2015

試乗レビュー

C300モデルに最初に乗った時は、4気筒ターボエンジンは充分なパワーを備えていると感じた。実際、エンジンの性能としては申し分ないのだろう。

しかしC400モデルに搭載されたツインターボのV6エンジンだと更にパワフルなのが感じられ、それと比較すると、贅沢な話ではあるが、C300も充分以上のパワーがあってもいいのではないかという気がしてきた。

燃費に関してはこのクラスでトップクラスであり、申し分ない。

海外のレビューではステアリングの感触が弱く、コーナリングも他のスポーツセダンほどのシャープさがないと書かれていることもあるようだ。しかしながら、落ち着いたハンドリングと乗り心地の良さは高く評価すべきであろう。

インテリアに関しては、このクラスでも間違いなく屈指の質だといえよう。上質な素材を使い、素晴らしく作りこまれている。デザイン性も極めて高い。
前列のシートは広々として心地よく、後部座席も足元が充分に広い。

荷物スペースは、他の車に比べるとやや狭いが、致命的というほどのものではない。

 

動画で走りやインテリア、デザインをチェック

1:40ころから、インテリアの素材なナビなどのガジェットの外見など、細かいパーツまで紹介をしてくれている。また足元のスペースについても、実際に人が座った状態で確認できるので、乗った時のイメージが湧きやすいだろう。

5:30ごろからは走りを確認できるが、揺れが少なく、安定していて快適な走りであることが伺えるだろう。

 

Cクラスや他のセダンについてもっと読む

2015年版 BMW 3シリーズ vs. 2015 メルセデス・ベンツのCクラス: 徹底比較
アウディ A4 vs. BMW 3シリーズ:徹底比較
BMW 3シリーズ(2014)レビュー:2015年モデルとの違い・維持費・価格・中古車情報も
高級小型セダンランキング2015年版:ベンツ、レクサス、BMW、アウディなど徹底比較
アウディ S3 / ベンツ CLA45 AMG…実はハイパフォーマンスの良車5選
メルセデス・ベンツ「GL 350 BlueTEC 4MATIC」発表:GLクラスにクリーンディーゼルという選択肢

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー