BMW新型3シリーズ(2015)試乗レビュー&評価・モデル比較

P90093372_highRes
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

日本でも人気の高いBMWの3シリーズ。新型3シリーズの走りはどうなのか。また海外での評価や、過去のモデルとの違いはどうなのかを改めて検証してみた。

 

総評

2015年のBMWは並外れたハンドリングとパワフルな加速、高級感のある心地よさが合わさった「ほぼ完璧」な商品だといえよう。

ただし2014年との差という点では、デザイン、性能なども含め大きな変化はなく、少しずつ良くなった程度だろうか。強いてあげるならば、Bluetoothのオーディオシステムが標準仕様になったことだろうか。

評価ポイント

並外れたハンドリングと加速
広々とした後部座席
すぐれた燃費

 

海外評価

“First introduced for the 2012 model year, the current 3-Series continues to offer one of the best balances of handling and luxury in the automotive world.” — Left Lane News
2012年モデル以降、現在の3シリーズはハンドリングと高級感の絶妙なバランスを維持している。

“If you want a practical luxury sport sedan that delivers on driving involvement regardless of the model you pick, then the 2015 BMW 3 Series should be at the top of your list.” — Kelley Blue Book
運転している感覚を味わえ、かつ実用的な高級スポーツセダンを探しているならば、2015年のBMW3シリーズは検討候補の一番手だろう。

P90133910_highRes

試乗レビュー

3シリーズは6種類のエンジンの選択肢があるが、それぞれに素晴らしいというのが第一印象だった。基本モデルである320iのターボ4気筒エンジンでも充分に勢いがあり、上位モデルである335iのターボ6気筒エンジンは本当に万能である。

8段階のトランスミッションの動きが非常にスムーズなのもポイントが高く、勿論6段階のマニュアルも選択可能だ。

3シリーズは基本モデルでもこのクラスの中では燃費が良い方であり、特にターボディーゼルである328dのセダンはラインナップの中でも一番の燃費の良さを誇っている。

乗り心地や操作性が優れているのも、高い評価の理由だ。スムーズな乗り心地と優れたハンドリングは本当に印象的であり、パワフルなブレーキングも良かった。
ステアリングに関しては以前のモデルのクイックな反応を惜しむ評価も見られたが、しかし現在の正確なステアリングも高く評価されるべきだろう。

内装についても非常に良くできている。
煌びやかな雰囲気はあまりないものの上質な素材を使っており、安っぽさは感じない。
また運転席のサポート感の強いシートもポイントが高い。後部座席も広々としており、足元にも余裕があった。

荷物スペースも広く、特に3シリーズの中でもスポーツワゴンやグランツーリズモのハッチバックスタイルは荷物が多い人にもぴったりだろう。

動画でデザインをチェック

インテリアやエクステリアを7分を超える動画で確認できるので、特にシートや内装の素材などを確認してほしい。

 

3シリーズやBMWの記事をもっと読む

BMW 3シリーズ(2014)レビュー:2015年モデルとの違い・維持費・価格・中古車情報も
アウディ A4 vs. BMW 3シリーズ:徹底比較
2015年版 BMW 3シリーズ vs. 2015 メルセデス・ベンツのCクラス: 徹底比較
BMW 2シリーズActive Tourerレビュー:走り・試乗・口コミ
BMW4シリーズGran Coupe新車レビュー:口コミ、走り、海外評価

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー