新型マカンターボ(2015年)試乗レビュー:価格感や他のモデルとの違いは?

ポルシェ マカンターボ2015
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

600万円台から手に入るポルシェということで話題のマカン。その中でも最上位モデルであるマカンターボの走りやインテリア、他のモデルとの違いや評価を紹介したい。

 

総評

ポルシェのマカンの中でも、最上位モデルのマカンターボ。ベーシックなマカンやマカンSに比べれば、エンジンのパワーは、明らかに違う。デザインや搭載技術も、最上位モデルだけあったもっとも充実している。

しかしマカンターボが9,970,000円、マカンSが7,190,000円、ただのマカンが6,160,000円と、200万~300万の価格差があることを考えると、日常生活で使う人にはターボは高いといわざるを得ないだろう。

というのも、日本で乗ることを想定すると、マカンターボのパワーを充分に実感できるほどのスピードを出せる場所がほとんどないからだ。街中やオフロードで走ることを考えたら、マカンSで充分だろう。

※2015年マカン(モデル総合)のレビューについてもっと読む。

 

海外評価

you’ll be hard pressed picking the range-topping Turbo from its less-expensive Porsche Macan siblings. -CarAdvice
手ごろな他のマカンシリーズよりも、一番高いターボを選びたい気持ちがグッと強くなるだろう。

Our first impressions of the Macan Turbo reveal many talents, including impressive off-road dexterity, autobahn-speed stability, and Porsche-worthy performance on the track -Car and Driver
第一印象から、マカンの優れた面を色々と感じることができた。オフロードでの対応力、アウトバーン速度での安定性、そして流石はポルシェと言わしめるトラックでのパフォーマンス。

1

 

試乗レビュー

誤解がないように最初に言いたいが、マカン自体が非常に素晴らしい車で、どのモデルも充分素晴らしい。コンパクトSUVの中では、間違いなくトップクラスの性能とデザインを誇っている。

ただ、乗り比べてみると、ターボの良さが引き立って見える。

例えばインテリア一つをとっても、同じようなボタン類の配置であるにも関わらず、使われるレザーの量や素材、ライト類の違いなどでターボの方が高級に見える。キーレスエントリーやBOSEのスピーカーなど、標準装備にも差は出ている。

しかし中でも差を感じたのは、その走りだった。繰り返しになるが、Sでもパワフルな走りを楽しむことはできる。だがテスト用コースでスロットルを踏み込んだ時には、その差を如実に感じる。ターボのエンジンの力強さを体全体で感じたといっても過言ではない。最高速度や、そこまでの加速の速さにも大きな差を感じた。

ただ、この差はあくまでテストコースでの話。街中で走ってみると、それほど速度を出せないせいか、ターボとSに大きな差は感じなかった。カーブなどでは、かえってSのシャープでありながらもスムーズなコーナリングが魅力的だった。

つまりは目的によるのだろうが、街中やオフロードで走ることが多い、日常生活のための車を考えているのなら、価格も手ごろなマカンSでも充分だろう。しかしながら高速や、時にはサーキットで「走り」を楽しむための車が欲しいなら、1000万円払ってでもターボにするべきだ。

 

ポルシェやマカンに関する記事をもっと読む

ポルシェ・マカンの走り・試乗レビュー・口コミ
コンパクトSUVランキング2015年版:マカン・アウディ・レクサスなど徹底比較
ポルシェ「カイエン」試乗レビュー:クチコミ、走り、海外評価
ポルシェ・パナメーラ(2015年)試乗レビュー:マカン・カイエンと比較、口コミ
ポルシェ911(2015年モデル):新車乗車レビュー
ポルシェ911(2012)レビュー:2015年モデルとの違いや中古での価格

4

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー