BMW X3(2012)試乗レビュー:走り、中古での価格、2015年モデルとの比較

201107_P90080989-zoom-orig
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

BMWの数あるSUVの中でも日本ではX3が特に人気であり、中古での購入を検討する人も多いだろう。
今回はその2012年モデルを紹介する。

総評

201107_P90080978-zoom-orig

SUVとしての機能は十分である一方、走りだしについては欠点があることが課題。価格は中古で購入することにより、150万円以上安く購入できる場合も多い。

評価ポイント

  • 広さ十分のカーゴスペース
  • ゆとりのある座席
  • スポーティなハンドリング
  • 安定した走り

コンパクトSUVでありながらも、同じくBMWが提供しているX1に比べて高さもあり、走りもしっかりとした点がX3の大きな魅力だろう。ハンドリングもキレが良く、オフロードでも十分に落ち着いた走りをしてくれる。

快適な乗り心地はこうしたハンドリングや車体そのものの安定感だけでなく、その広さにもある。前方も後方も、足元にゆとりがあり、家族で乗るにも快適だ。さらに、コンパクトSUVの中でも広いカーゴスペースが確保されている。レジャーを楽しむのにも良いパートナーとなってくれるだろう。

燃費もこのクラスの中では良い方であり、よく比較されるアウディQ5よりも良い。なお、xDrive28iと上級グレードのxDrive35iでも燃費はほとんど変わらない。ともに6気筒エンジンであるが、xDrive35iではターボチャージャー付きとなる。

マイナスポイント

  • 走りだしがぎこちない

X3の欠点はこの走りだしだ。動き出しが悪く、突如グイと進みだすようなぎこちなさがある。その後の加速は滑らかであるが、この一瞬をどう捉えるかが考えどころであり、一度試乗して確認することを勧める。

中古として購入するX3(2012)

2012年モデルでも、上記の走りだしを除けば、広さや全体的な走りの安定感は十分だろう。外観は、多少2015年モデルの方が丸みを持ったようにも見えるが、ほぼ変わらない。2015年のベーシックモデルは4気筒エンジンであるが、最高出力は2015年モデルの方が、実は若干ながらも優れている

価格は400万円前後で購入できることから、新車で購入するより150万円以上安く購入できる可能性が高い。しかし、X3の魅力であるオプションによる追加装備が選択できない点は欠点になる。X3はオプションの選択肢が幅広い。逆にいえば、オプションを追加するほど価格も上がるので、中古とはさらに価格差が出やすいものの、拘った一台にできる。

価格をとるか、装備に拘って自分らしい一台にするかも判断の分かれ目かも知れない。

動画で確認&海外評価

 

Drives like a sports car. Comfortable sports seats that hugs you. The old x3 drived like a truck and was not comfortable at all. The 2012 model is extremely smooth with its 7 gears.

(スポーツカーみたいに走ってくれるし、スポーティで快適なシートが君を包み込んでくれる。昔のX3はトラックみたいな走りでまるで心地よくなかったけど、2012年モデルは7速ギアもついて十分滑らかに走ってくれるね。)

併せて読んでおきたい記事!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー