新型アウディTTクーペ(2015)試乗レビュー:インテリア、走り、海外評価

Audi setzt Wachstum im Januar fort
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

日本では中古車でもよく見られるラグジュアリースポーツカーのアウディTT。
中古での購入を検討する前に、新車でどれほどの価値がある車なのかも知りたいところだ。

総評

ベーシックなTTクーペは車体価格542万円から購入できるものの、その性能は多くのライバル車に劣る
しかしながら、インテリアデザインはスポーツカー好きを興奮させるものがあり、ラグジュアリースポーツカーの入口になるような車だろう。

Audi TT Roadster

評価ポイント

  • スポーツカー好きを魅了するインテリア
  • 四輪駆動の優れた牽引力

クーペなら、ドアを開けた時にあっと思うだろう。コンバーチブルならドアを開けずとも、人々が中を覗き込んで惚れ惚れと眺めるかも知れない。スポーティで航空機の操縦士になったような気分も味わえるインテリアはTTの大きな魅力だ。スポーティながらも足元や高さにゆとりがある点、コーナーにおいても安定した姿勢を保てる点はラグジュアリーカーとしての使命感も忘れていないように感じる。

アウディは独自のクワトロ(四輪駆動)システムに自信を持っているが、このTTでも四輪駆動が活躍してくれる。
滑らかな乗り心地も四輪駆動の優れた牽引力によるものだろう。

Audi TT Coup

マイナスポイント

  • 他のライバル車に比べて性能が劣る

TTは4気筒エンジンを搭載しており、元気ではつらつとした印象の走りをしてくれる。しかし、ポルシェのボクスターやケイマンをはじめとする多くのライバル車に比べると、ラグジュアリースポーツカーとしてパワー不足だ。

パワーだけでなく、ハンドリングのキレの良さ、車の動きの機敏さをとってもライバル車に劣る。性能はこれから先に期待したいところだ。

また、海外評価のように音を気にする声も聞かれるが、この点は好き好きだ。

※パワーではTTクーペより高評価!ポルシェ・ボクスターの試乗レビューや海外評価はこちら

アウディTTの、新車としての価値

Audi TT Coup

ベーシックなアウディTTクーペは542万円から手に入る。ポルシェのボクスターに比べれば100万円以上安い。デザイン性も高い。

しかしながら、本当に車を走らせるのが好きで、安定性よりもワクワクした気持ちで運転することを望むならば、この車は考えものだろう。

より良い走りを求めるのであれば、TTにも上級グレードのTTSやTTRSが存在する。上級グレードの方が加速力も良く、スポーツカーとしての満足度は高い。しかし、上級グレードはポルシェのボクスターやケイマン以上の価格になる。

アウディTTを新車で購入するのであれば、価格とパフォーマンスのバランス、そしてパフォーマンスとデザイン性のどちらをより重視したいかをよく考えたいところだ。

【検討の参考に!ケイマンやボクスターもランクイン】
高級スポーツカーランキング2015(前篇):まずは10位~6位!
高級スポーツカーランキング2015(後編):1位~5位の発表!

動画で確認&海外評価

The TT is enjoyable to drive, but isn’t as agile or engaging as a Porsche Boxster or Mercedes-Benz SLK. Handling is responsive but a lot of noise comes through the soft top. It is, however, very convenient to be able to operate. The interior is nicely finished, with stylish details.
(TTは運転の面白みがある車だと思うけど、機敏さはポルシェのボクスターやメルセデス・ベンツのSLKに劣るな。キレの良いハンドリングも好きだけど、ちょっと音がうるさいのは気になるかな。でも、操作もしやすいし、インテリアはきれいに仕上がっていて、細々としたところまでスタイリッシュで凝っている車だよね。)

 

併せて読んでおきたい記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー