フォルクスワーゲン新型ゴルフ(2015)試乗レビュー:走り、価格、口コミ

2015_golf_family_2913
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

フォルクスワーゲンは、手が届きやすい価格と、その性能で人気がある車の一つだ。最近、ブランドとしての評価も高い。そんなフォルクスワーゲンの新型ゴルフの試乗レビューを紹介したい。
 

総評

新型ゴルフはデザインが一新されただけでなく、俊敏なハンドリング、類を見ない広い荷物スペース、クラスとしては群を抜いたインテリアの品質など、驚くことばかりだった。

専門家からの高い評価と長期的に見た維持費の安さで、アメリカのU.S. News Best Carsでも「最もコストパフォーマンスが良いコンパクトカー(2015)」に選ばれている。

また空間の広さや安全性、信頼性が評価され、「家族にぴったりのコンパクトカー(2015)」も受賞している。
 

評価ポイント

新型ゴルフは、性能、走り、インテリアなどの項目を非常にバランスよく満たしている。

  • 非常に広い荷物スペース
  • 一流のインテリア素材
  • 長時間の運転でも心地よい前列シート
  • クイックなハンドリング

 

マイナスポイント

実のところ、ゴルフにはそれほど大きなマイナスポイントはない。しかし強いて挙げるとしたら、下記の2点だろうか。

  • やや小さいタッチスクリーン画面
  • 運転アシスト機能の少なさ

 
2015_golf_tsi_39842
 

新型ゴルフの価格

新車でもベーシックモデルのTSI Trendlineなら264万円と、比較的手ごろな値段から手に入る。最上級モデルであるGolf Rは約540万円と、値段には幅がある。

人気モデルの一つがGolf GTIだが、こちらは391万円と、ベーシックモデルよりはやや値段が上がる。

 

試乗レビュー

2015年のワーゲンゴルフは、4気筒ターボエンジンを備えており、どんな状況でも充分なパワーを感じさせてくれた。
標準装備だとマニュアルだが、もちろんオートマも選べ、特にその軽快なシフトが印象的だった。

ハンドリングの反応が良く、自分で運転しているという実感があったのも、評価ポイントだろう。曲がるときでも、しっかりとグリップしている感じがして、心地よかった。
またブレーキも力強く、ステアリングも正確、そして乗っていて心地よいと、試乗時の印象は抜群に良かった。

インテリアも予想を大きく上回るものだった。
車内のインテリアには基本的に、一流の素材を使っている。運転席はサポート感も強く、高速での長距離運転でも疲れをまったく感じさせなかった。
また後部座席にも座ってみたが、こちらも広々としており、さらには荷物スペースも同クラスの他の車よりも大分広いだろう。

オーディオシステムのタッチスクリーンも操作が分かりやすく使いやすかったが、他の車に比べるとややスクリーンが小さい印象は否めない。
また死角モニターシステムや、スマホアプリとの連携ができないなど、最近では増えつつあるオプションがないのは、あれこれ付けたい人には残念かもしれない。
 
2015_golf_2905 2015_golf_tsi_39872
 

海外レビュー

“Drives in each of the models proved the point mentioned earlier: that VWs are a cut above. Solid steering feel, muted thumps over bumps, quietness, ride composure, and interior design and materials all befit a car with a premium nameplate.” — Consumer Guide

それぞれのモデルを運転してみて感じた。フォルクスワーゲンは一歩抜きんでている。
しっかりとしたステアリングの感触、デコボコした道でも静かな走り、落ち着いた乗り心地、そしてインテリアのデザインと素材。すべてがプレミアムブランドに相応しい。

 

フォルクスワーゲンに関するレビューをもっと読む

フォルクスワーゲン ポロブルー GT 試乗レビュー・中古価格情報
フォルクスワーゲン・ビートルRライン 試乗レビュー・口コミ
2015 フォルクスワーゲン Polo GTI。その試乗・燃費・評判は?
フォルクスワーゲン「トゥアレグ」新車レビュー:口コミ、走り、海外評価

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー