ワールド・カー・アワード結果発表!:2015年、栄光に輝いた車は…

15A217
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

4月2日のニューヨークで、ついにワールド・カーアワード2015の最終結果が発表された。結果は以下の通り。

ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー賞はメルセデス・ベンツ「Cクラス」

14C1134_02
ここでもか!と言いたくなるが、それだけ新しくなったベンツCクラスはすばらしいということだろう。上品なインテリア、落ち着いた走り、燃費の良さ、新しくなったデザイン…総合力の高さは断トツだ。

ワールド・ラグジュアリー・カー賞はメルセデス・ベンツ「Sクーペ」

14C421_031
CLクラスの代わりとして登場したSクーペはその車体にV型8気筒のターボエンジンを搭載しており、驚くべきパワーを見せつけてくれる。また、これだけスポーティでありながらも乗り心地が良い点も高く評価できる。

ワールド・パフォーマンス・カー賞はメルセデスAMG「GT」

15C53_02
メルセデスAMGの開発力、技術力には前々から定評があったが、今回はその実力をパフォーマンス・カーに選ばれることで証明してくれた。走り屋たちが息をのむようなデザインと性能を兼ね備えた一台。今春から日本でも販売がスタートしている。

ワールド・カー・デザイン賞はシトロエン「C4カクタス」

citroen-c4-cactus_0
SUV人気が高まる中、ポルシェのマカンも高い人気を誇っており、ともにワールド・カー・デザイン賞の候補に挙がっていたが、最後に選ばれたのは小型SUVのC4カクタスだった。風変わりな、しかしながらモダンで愛らしい一台だ。

ワールド・グリーン・カー賞はBMW「i8」

i8 is running
一目見ただけでも「最先端を行く車」と言いたくなるi8は、スムーズさと力強さを両立したハイブリッド・システムが魅力的だ。スポーツカーに別の在り方を示した車であるといえるだろう。

 

ファイナリストに残ったモデルもそれぞれ高評価できる車なので、こちらも改めて見ておいて欲しい。

併せて読んでおきたい記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー