BMW7シリーズ(2012)試乗レビュー:走り、中古での価格、併せて検討したい車は?

201207_P90100129-zoom-orig
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

BMW3シリーズとともに人気のある7シリーズ。2016年にはフルモデルチェンジを控えている=2012年モデルも2015年モデルと大きな差はないので、検討してみても良いだろう。

総評

2012年モデルの7シリーズも快適なインテリアを備え、ハンドリングのキレも良いが、他のスーパーラグジュアリーカーに比べると車のゴージャス感が足りない。乗り心地の良い、落ち着きある走りとパワーを感じられる走りの両方を追求した車だが、どちらの面も超一流とはいえない

評価ポイント

  • 落ち着きある走りとスポーティな走りの両方を実現
  • キレの良いハンドリング

マイナス評価

  • 乗り心地の快適さもパワーも“超一流”ではない
  • 車内が狭い

試乗レビュー

2012年モデルも、他の年の7シリーズと同じようという課題に力を入れていたと思われる。

まず、走りに関してベーシックモデルの740iや740LiはツインターボV型6気筒エンジンを備えている。スーパーラグジュアリーカーにおいてはV型8気筒エンジンが普通だが、この点については気にしなくて良い。6気筒エンジンでも7シリーズは他のライバルたちに劣らない走りをしてくれた。加速度合いについてもレクサスLSと並ぶぐらいの実力だ。
それでも6気筒エンジンでは不安だと感じるようであれば、V型8気筒エンジンとV型12気筒エンジンも選択できる。

パワーも備えながら、7シリーズは落ち着きのある走りもできる。スポーティな走りと落ち着きのある走りの両方を実現できるところがこの7シリーズの強みだ。とはいっても、どちらかといえば、乗り心地が優位に思える。思う存分勢いのある走りを楽しみたいという人は、少しばかり物足りなさを感じるだろう。

逆に、極めて落ち着きのある走りかというと、それも違う。レクサスLSやメルセデス・ベンツSクラスの方が乗り心地はさらに良い。スーパーラグジュアリーカーの中では、7シリーズはやや車内が狭いように感じられる。

価格・併せて検討したい車

7シリーズ2012年モデルの中古価格は700-900万円程度である。740iの新車が1000万円程度なので、場合によっては300万円ほど安く購入できることになる。

先ほど名前を挙げたベンツSクラスは、圧倒的に性能や乗り心地の良さが優れており、パワーもある。しかし、価格が壁となる。車内がもっと狭くてもより走りの良い車を求めたいのであれば、ポルシェのパナメーラも良いだろう。

「なんだ、7シリーズは中途半端な車じゃないか」と思われるかも知れない。しかし、快適さとスポーティさという両極端なもののバランスをとることは非常に難しい。どちらの面でも有る程度の実力を持つ7シリーズは、本当にバランスを意識した車なのだ。最後に海外評価の一つを紹介しよう。

The value of any car commanding $100,000-plus can be hard to justify for most. But for the shopper who is looking for prestige and comfort – and who can afford to pay for it – the BMW 7-Series is worth considering.
(10万ドルを超えるような車を納得して買うってなかなか難しいよね。でも、車としての威厳も快適さもある一台を探している人、それだけのお金が払える人にとってBMW7シリーズは十分検討の価値がある車だと思うよ。)

201205_P90093580-zoom-orig 201205_P90093572-zoom-orig

併せて読んでおきたい記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー