2015年 新型ベンツSクラスの試乗レビュー・スペック

Sクラス 2015年モデル 走行写真
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

2015年モデルのメルセデスベンツSクラス。

威風堂々としていながらも威圧感を避けているデザインが幅広く好評だ。
あらゆるラグジュアリーな装備とともに、走行の質を上げる技術も惜しみなく投入されていることで、まさに「王者」ベンツとしての風格を漂わせている。

新型Sクラス評価ポイント

  • フルサイズカーであることを忘れさせるような、強力な加速力と切れ味の良いハンドリングであった
  • AMG仕様の「マジック・ボディ・コントロール」は、ステレオ画像で先読みした路面の起伏にタイミングを合わせて油圧でサスを制御するので、驚くほどフラットな乗り心地を実現していた
  • S600ではさらにワンランク上のラグジュアリー装備が標準およびオプションで設定されていた(※詳細は後述)

マイナスポイント

  • インフォテイメントシステム「COMAND」は慣れないと操作に戸惑ってしまう

2015年Sクラス 装備とレビュー総評

パワーユニットはV6プラスモーター搭載のS 400 HYBRID(3.5L、333PS)およびS 550 PLUG-IN HYBRID(3Lターボ、442PS)、V8搭載のS550(4.7Lターボ、455PS)およびS 63 AMG(5.5Lターボ、585PS)、V12搭載のS600(6Lターボ、530PS)およびS65AMG(6Lターボ、630PS)と実に豊富である。

Sクラス_インテリア

S600仕様に設定されたワンランク上のラグジュアリー装備は次のとおりである。

  • 4座席独立のゾーン・エアコン、パワーアジャストとマッサージ機能はもちろん装備
  • さらに、体格だけでなく体型にもフィットできるマルチコンター・リアシート、賓客用パワーフットレスト、遠赤外線ヒーター付のリアドアパネルおよびアームレストなどだ。追加オプションには折り畳みテーブルと冷蔵ボックスもある。

価格は、S550セダンの95、325ドルからS65AMGクーペの231、825ドルまで、さすがに高額である。

実際には簡単に手を出せるような価格ではないのに、むやみに高くはないような錯覚がしてしまうのは、それだけ出来栄えが見事だからだろう。

レビュー動画と口コミ

まず、洗練されたエクステリアとインテリアを5分程度でざっくり確認できる動画を紹介したい。

The most beautiful in all cars around the world
(世界で一番美しい車だなあ)

つぎは少々長いが、走りの質を上げる最新技術の説明もあるので、時間に余裕があるときにチェックしておきたい。

Mercedes Benz make the best cars around in terms of quality and comfort! Nothing comes close :). The S-class is my favourite!
(メルセデスベンツが作る車は品質も快適性も最高だね!敵う相手は無いよ。Sクラスが大好きだ!)

併せて読んでおきたい記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー