ロールスロイス初のSUV:開発車両のテスト走行が始まる

Rolls-Royce-engineering-mule-600x400
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ロールスロイスがSUV車両については以前から噂になっており、2月にはCEOもそれを認めていたが、ついに開発車両の画像イメージが公開された。

ロールスロイスはSUVという名称を使わず

ロールスロイスは2月にSUV開発計画を承認したことを発表していた。今回は、社内で「プロジェクトカリナン」と呼ばれているというSUVの名前と共に、開発中のSUVの画像や、現在の開発状況を発表について公開した。

ただしロールスロイス社は、この車に対してSUVという名称を使っていない。
2月に関係者に送ったプロジェクト計画では、ただ”High-Sided Vehcle”とだけ描写されており、今後、この車がどのようなカテゴリ名を付けられるのかは明らかではない。

RollsRoyce-engineering-mule-600x337

新しいサスペンションを搭載予定

公開された開発車両の画像からは、車のサイズ以外についてはあまり明らかにはなっていない。
ロールスロイスのフラッグシップモデルでもある「ファントムシリーズ2」をベースにしているようで、サイズとしてはファントムのリムジンと同程度だとみられる。
同社によると「オンロードでもオフロードでも、魔法のカーペットのような乗り心地の良さを提供する」とコメントしている。

ロールスロイス社の発表によると、公開されたテスト車両は新しい四輪駆動サスペンションシステムを試しているところだそうで、「ベルギーの石畳でも、砂利道でも、コンクリートでも、デコボコした道でも、響きやすい道でも、またはコブのある道でも」超えていけるようなものにするという。

車の後ろには大型のリアスポイラーが付いているのも特徴だ。車高が高くなりそうなこと、そして何よりロールスロイスが本当にオフロードに対応した車を開発しようとしていることが伝わってくる。

価格は25万ポンド(4300万円程度)からではないかと予測されている。

ロールスロイスやイギリス車についてもっと読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー