フォルクスワーゲンの新型ビートル(2015)試乗レビュー:口コミ、価格、燃費、ゴルフとの比較も

beetles_4800
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

独特のフォルムで、日本でも人気のフォルクスワーゲン「ビートル」。購入するにあたっては、価格や燃費は勿論、同じフォルクスワーゲンの「ゴルフ」などとも気になるところだろう。そこで、特にゴルフとの比較も併せて紹介したい。

総評

2015年式のビートルは特有の、レトロでオシャレな外見をしており、そのフォルムが好きな人には、見た目だけで充分満足できるだろう。

しかしハンドリングや燃費、価格、荷物スペースなどはイマイチな点も多く、実用性を重視する人は、他の車も検討した方が良いだろう。同じフォルクスワーゲンのゴルフなどもお勧め。

“It’s a good pick if you want a coupe or convertible with a mix of fun and practicality.” — Edmunds
遊びと実用性の折衷をもとめるのなら、丁度良い選択だろう。

super_beetle_4165

評価ポイント

  • レトロなインテリア

マイナスポイント

  • ベースモデルであるThe Beetle Designのイマイチな燃費
  • ブランドや排気量、性能の割に高い値段設定

2015年式の特徴

  • TDI(直噴ディーゼルターボ)のパワーが10馬力アップし燃費も向上
  • ユニークなスタイルの限定エディションが登場

2015_beetle_classic_4188

試乗レビュー

ベーシックなビートルのエンジンは、正直なところ残念な印象が否めなかった。4気筒のターボエンジンは、勢いはあるもののパワーはあまり感じられず、車に走りを求める人には物足りないだろう。
Rラインの場合にはもう少しパワーがあり、さらにTDI搭載のターボディーゼル4気筒エンジンならば加速も燃費も申し分ないため、日本での発売が待たれる。

また燃費に関しても、ベーシックなビートルの場合、リッター18キロ程度と、このクラスとしてはあまり高くない。

乗り心地に関してはおおむね問題なく、ハンドリングも滑らかではある。
ただ他の車であればもっとスポーティーであるため、この点についても試乗した上で、これで自分は満足できるのかという目でしっかり見極めて欲しい。
また些細な点かもしれないが、この独特のフォルムのせいで後方がやや見にくいため、その点についても留意が必要だ。

オシャレな外見に違わず、内装もまたレトロでスタイリッシュな印象だった。しかしながら安価なモデルだと、プラスティック素材が多用されていてやや安っぽい印象を受けるのも事実だ。

運転席のシートは何とも座り心地が良く、後部座席も広々としている。ただし荷物スペースは通常のハッチバックよりも狭いため、デザインを重視するのか、実用性を重視するのかが一つの選択基準になるだろう。
2015_beetle_classic_4190

ゴルフと比較すると?

諸元表に出てくるようなサイズや燃費などを比較すると、実はビートルとゴルフには大きな差はない。ビートルはもゴルフも、約265万円からであり、馬力もトルクも数値的には似たり寄ったりだ。

しかしながら、ハンドリングの敏捷さやインテリアの上質さといった点ではゴルフの方が遥かに上を行っている。また荷物スペースも広いため、実用性を重視する人にはゴルフをお勧めしたい。

もっとフォルクスワーゲンの車について読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー