キャデラックCTS(2015)試乗レビュー:走り、インテリア、これから販売されるCTS-Vの情報も

cts5.cq5dam.web.1280.1280
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

「”ちょっと贅沢な”中型車2015年海外人気モデルランキング」で1位に輝いたキャデラックCTS。2014年にフルモデルチェンジしたばかりなので、2015年モデルは2014年モデルと変わりないが、それでいて2015年ランキングの首位をとる実力の持ち主だ。

総評

cts4.cq5dam.web.1280.1280

パワフルなエンジンに魅惑的なスタイリングとインテリア、ハンドリングにもキレがある。また、高い安全性と信頼性も高評価。パフォーマンスは十分だろう。

評価ポイント

  • 大胆で威厳あるスタイリング
  • パワフルなエンジン
  • 魅惑的なインテリア
  • 正確でキレの良いハンドリング
  • 十分な安全装備

マイナスポイント

  • 後部座席の足元は大柄な人にとってやや狭いか
  • ランフラットタイヤでの走りはやや粗削りな印象も受ける

試乗レビュー&海外評価

日本で販売されているのはCTS2.0LuxuryとCTS2.0Premiumの2種類。どちらも4気筒エンジンのものだ。

4気筒エンジンでもCTSは十分なパワーを発揮するし、燃費も11.0-11.8km/Lとこのクラスではまずまずの数値と言って良い。ただ、海外で販売されているV型6気筒エンジンを備えたCTS3.6はより加速力もあって排気音も心地よい。また、さらに上のグレードとして販売されているVsportは力強く、それでいてさわやかな走りをしてくれるツインターボV型6気筒エンジンを備えている。個人的にはVsportが最も乗り心地も良く、まさに快適さと機敏性を備えていると感じられ、おすすめしたいモデルである。

とはいえ、手短に手に入るCTS2.0でも効きの良いブレーキ優れたステアリングのフィードバックと総じて十分なパフォーマンスを見せてくれる。標準装備のフラットタイヤはやや粗削りな印象を受けるところもあるが、十分快適である。LuxuryとPremiumでは価格に100万円の差があるが、マグネチックライドコントロール等が含まれたPremiumの方がより快適さと機敏さを味わえるといえる。

パフォーマンスだけでなく、安全性と信頼性で高い評価を得ている点でCTSは良い車だと私は思う。安全性の点では特に多くの装備が備えられており、その点を考えると600-700万円という価格に十分見合った車だろう。ファミリーカーとして使うにしても魅力的だ。

インテリアもお洒落だ。うっとりするし、フロントシートは少々居心地が良すぎるほどかも知れない。ただし、後部座席の足元は大柄な人とって少し窮屈かもしれない。逆に、大柄な人でなければ十分広いともいえる。

In terms of dynamics, performance, luxury, and feature availability, the CTS is a strong competitor to more established upper-line models in the premium-midsize segment, with a bold design character that stands apart from its European rivals.
(ドライビングダイナミクス、パフォーマンス、ラグジュアリー感、装備の充実ぶりを考えると、CTSはミッドサイズの高級車部門において大きな存在といえるし、大胆なデザインもヨーロッパメーカーと違う存在感を放っているよね。)

比較検討したいモデル

  • BMW5シリーズ
    パフォーマンスでは優秀な一台。ただし、CTSの方が値段も安く、性能も劣らない。
  • アウディA6
    パフォーマンスの点ではCTSに劣るものの、滑らかな走りとより広々としたインテリアが魅力だ。

日本でも販売予定の上級車、CTS-V

ctsv1.cq5dam.web.1280.1280 ctsv2.cq5dam.web.1280.1280

日本でVsportが販売されていないのは何とも残念だが、これから日本でもVsportをはるかに上回るCTS-Vが販売される。値段は1,000万円前後すると考えられるので少々高いが、「パフォーマンスを限界まで高めるためのデザイン」と謳っているこのモデルはV型8気筒エンジンを備え、0-60mph(約96.5km/h)加速が3.7秒、最高速度は約322km/hとスピードも抜群だ。コントロール性能も良く、インテリアやエクステリアのデザインもまた威厳あるあるもの。こちらにも期待したい。

動画と写真でCTSを確認

四輪駆動のPremiumで雪道走行。新型モデルの細かな変更点なども紹介。
cts1.cq5dam.web.1280.1280 cts2.cq5dam.web.1280.1280 cts3.cq5dam.web.1280.1280

キャデラックの他のモデルやライバル車の記事を読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー