メルセデスAMG-GT日本でも注文受付開始!:AMG完全自社開発スポーツカー第2段を写真で確認

14C875_116
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

優れたレーシングマシンを長年世に送り出し、現在はメルセデス・ベンツのハイパフォーマンスモデルの開発やエンジンの生産を行っているAMG。そのAMGによる完全開発スポーツカー第2段が先日日本でも注文受付開始となった。

メルセデスAMG GT(&GT S)の特徴

  • 新開発のAMG4.0リッターV型8気筒エンジン
  • 目的に合わせた走行モードの設定が可能
  • 軽量化しながらも頑丈さを維持
  • メルセデスが誇る高い安全性
  • 実用性の高い、広いラゲッジルーム

AMGが新しく開発したV型8気筒エンジンにより、AMG GTは最高出力340kW、最大トルク600Nmを発揮。GT Sではより力強くなって最高種強く375kW、最大トルク650Nmを発揮する。さらに、GT Sの0-100km/h加速はわずか3.8秒だ。

走行モードの設定がある車は多いが、AGM GTは運転がよりドライバーの目的に合ったものとなるように、あらゆる機能からサポートしてくれる。エンジントランスミッションマウントの硬さの自動設定、すばやいシフトチェンジ、コントローラーによる運転モードのセッティングなど、実に多様だ。

また、車体の軽量化によって俊敏性を意識しながらも強度のあるアルミニウム素材を使用し、部分的に高強度スチールも採用。さらに、安全性装備もメルセデス・ベンツで高く評価されている「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備している。

動画(GT S)&画像で確認

14C707_114 14C707_147 14C708_017 14C708_044

14C708_002

気になる価格は…

車両本体価格はメルセデスAMG GTが1,580万円、メルセデスAMG GT Sが1,840万円である。日本での注文受付は先日8日より開始しており、AMG GT Sは5月中旬、AMG GTは9月以降の発売予定となっている。

あなたにおすすめの他の記事

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー