新型BMW1シリーズ(2015)レビュー:燃費・試乗など旧モデルと比較

201503_P90176704-zoom-orig
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

2015年モデルのBMW1シリーズは大幅なマイナーチェンジを行っている。モデルチェンジ前の1シリーズと比較してみたい。

エクステリア

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアが中心に変更されている。まず、フロントバンパーの形が少し変わり、車全体が低く、そして広く見えるようになっている。ヘッドライトもより切れ長になっている。

(※以下、オレンジ色の車が旧モデル、メタリックグレーの車が新モデル
2011bmw1-1.07_P90080403-zoom-orig 2015bmw1-1.03_P90176726-zoom-orig2011bmw1-2.07_P90080465-zoom-orig 2015bmw1-2.03_P90176741-zoom-orig

後ろから見ると、マフラーがやや大きくなったことと、バンパーの形が少し変わったことからよりスポーティな印象を受けるようになった。テールライトがハッチバックの部分まで進出して横長になっている点も注目だ。

2011bmw1-3.07_P90080467-zoom-orig 2015bmw1-3.03_P90176723-zoom-orig

インテリア

インテリアは正直なところ、ほとんど変わっていない。若干利便性は高くなったかもしれないが、旧モデルでも不自由するはことない。ただ、標準装備が旧モデルよりも充実しているので、その点は装備の一覧などで確認した方が良いだろう。

(※画像左が旧モデル、右が新モデル)

2011bmw1-407_P90080500-zoom-orig 2015bmw1-4.03_P90176757-zoom-orig

エンジン

エンジンも基本的にはパワーアップしている。最上級グレードのM135iは直列6気筒エンジンを搭載し最高出力240kW、最大トルク450Nmを発揮。ベーシックモデルとなる118iは直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力100kW、最大トルク220Nmを発揮する。

また、今回は燃費をより重視したディーゼルエンジン搭載モデル「116d エフィシェント ダイナミクス エディション」も存在し、燃費はなんと29.4km/Lだという。

価格はベーシックモデルの118iで298万円、最上級グレードのM135iは566万円だ。

比較するならこの車

1シリーズのライバルになるのは、メルセデス・ベンツのAクラスとアウディA3スポーツバックだろう。ハッチバック、300万円前後という価格帯は共通している。

但し、ベンツのAクラスやアウディA3が前輪駆動なのに対し、BMWの1シリーズは後輪駆動だ。

そのため、BMW1シリーズの方がエキサイティングな走りを楽しめるのに対し、AクラスやA3は実用的で馴染みがある走りなので安心して運転することができる。

※中古車も視野に入れている方に!2013年式1シリーズと2014年式2シリーズ徹底比較

他のBMWの記事を読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー