MINIクーパー(2015)試乗レビュー:走り、海外評価

201409_P90161714-zoom-orig
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

セカンドカーとしても、女性や若者を中心としたメインカーとしても、すっかり人気が定着したMINIクーパー。4ドアモデルが出来上がってから、クーパーはカーゴスペースも後部座席も広さが増し、運転の面白みまで増したようだ。

総評

まさに、見た目通りのやんちゃな一台だ。やや荒い乗り心地だが、アグレッシブな運転を実現してくれる。

評価ポイント

  • 粗削りながらも、運転を楽しくさせてくれる乗り心地
  • このクラスの中では優秀な燃費

マイナスポイント

  • 加速はややゆっくり
  • 2ドアタイプは後部座席が狭い

試乗レビュー&海外評価

正直なところ、加速はそこまで良くない。それでもターボチャージャー付き3気筒エンジンは十分なパワーを持っているという印象だ。クーパーSはターボチャージャー付き4気筒エンジンになり、ベーシックモデルのクーパーに比べて加速の勢いがグンと増していると感じた。

加速以外の走り具合としては、乗り心地がやや荒いように感じた。しかしながらキレの良いハンドリングに鋭いステアリング、そして力強いブレーキといった要素が、運転をとても楽しくしてくれている。「粗削りだが、面白い」と表現すれば良いだろうか。「やんちゃ坊主」な車だとも感じる。
燃費は5ドアのクーパーで19.7km/Lと、このクラスでは上々の数値。

MINIクーパーのインテリアなどはお洒落なデザインで、使っている素材も良い。ボディカラーの選択肢も豊富な点がまた良い。しかしながら、2ドアタイプは後部座席が特に狭く、あまりおすすめできない。2ドアタイプの車の中でも狭いのだ。その点、4ドアタイプは車全体の大きさを考えて上々な広さといえる。

A sister car to the familiar two-door, the new Mini Cooper Hardtop four-door offers enough room for three in the rear and a more spacious cargo area. To our eyes it looks a little ungainly, but the agility and driving fun of the two-door car are retained.
(2ドアに加えて仲間入りしたMINIクーパーのハードトップ4ドアタイプは後部座席でも3人座れるだけの十分なスペースがあるし、カーゴスペースも広くなっているよね。見た目はちょっと不格好にも見えるけど、2ドアの機敏さと運転の面白さはきちんと維持されていると思ったよ。)

Now in its third generation, it combines quirky, vintage British charm with near-luxury levels of refinement and extremely agile handling.
(クーパーは第3世代になるけど、癖のある、英国風の魅力とラグジュアリー感ともいえるような洗練された雰囲気、それに極めて機敏なハンドリングが良い具合に組み合わさっているね。)

写真で確認

201409_P90161773-zoom-orig 201409_P90161774-zoom-orig 201409_P90161776-zoom-orig 201409_P90161827-zoom-orig 201409_P90161829-zoom-orig 201409_P90161878-zoom-orig

MINIやBMWの他の記事を読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー