メルセデスAMG C63販売受付開始!:Cクラスベースの高性能セダン・ステーションワゴン

14C1164_03
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

昨年のモーターショーで発表されていたメルセデスAMG C63が、日本でも昨日から販売受付開始となった。1000万円を超える高級車だが、その性能は確かであり、C63は誰もが憧れる車だろう。

ベースはモデルチェンジしたCクラス、しかし性能はレーシングカー並

今回発売となるC63は、昨年フルモデルチェンジをしたCクラスがベースとなっている。Cクラスといえば、2015年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた実力ある一台だ。

そのCクラスをベースに、数々の高性能レーシングカーを生み出してきたAMGが手掛けたメルセデスAMG C63。搭載しているエンジンは4.0リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンだ。通常のCクラスの搭載エンジンが4気筒ターボチャージャー付きエンジンであることを考えると、実に大きな差といえる。

C63は最高出力476PS、最大トルク650Nm、上級グレードのC63 Sは何と最高出力510PS、最大トルク700Nmという驚異的な数値を記録している。C63は運転モードをスイッチ一つで切り替えできるAMGダイナミックセレクトを標準装備しているが、C63 Sはその中にレースモードまで存在している。

AMGダイナミックセレクトでの運転モード選択だけでなく、速度や様々な状況を細かに読み取って自動的にエンジンマウントを調整するなど、ドライバーの気持ちを読み取ってくれる車としても期待できる。

高い技術と、安全性

C63は性能だけでなく、安全性も高いといえる。レーンキーピングアシストやブラインドスポットアシストはもちろん、車間距離を維持して追従し、先行車が停止した場合には減速・停止するといった自動走行機能を持つディストロニック・プラスなどを含めた「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備として含んでいる。

気になる価格は…

「AMG」という言葉は安くない。高い技術、性能をそれなりの価格で買うことになる。

セダンのAMG C63は1,195万円、AMG C63 Sは1,325万円。
ステーションワゴンのAMG C63は1,275万円、AMG C63 Sは1,405万円だ。

写真で確認

14C596_06414C1164_06 14C1164_0714C1164_13 14C1164_0814C1164_09

メルセデス関連の他の記事を読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー