MINIクーパー ロードスター(2015)試乗レビュー:走り、燃費…同じくセカンドカー有力候補のコペンとも比較

201110_P90085952-zoom-orig
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

日本でもよく見かけるMINIの車だが、その多くはハッチバックタイプのものだ。MINIにはロードスターというオープンカーも存在するのに、それは少ない。同じ小型クーペのダイハツコペンとも比較してその実力を見よう。

MINIクーパーロードスターの総評

運転していて楽しく、期待通りの実力を持つが、コペンと比べてしまえば価格面で圧倒的不利というのも現実だ。

評価ポイント

  • キレのあるハンドリングで楽しい運転ができる
  • このクラスにおいては燃費も良好

マイナスポイント

  • 同じセカンドカーとして人気のコペンに比べると、価格的に不利

試乗レビュー

まず、性能については有る程度期待通りの車と思って良いだろう。
ベーシックモデルに搭載されている4気筒エンジンはその見た目や種類を考えれば十分妥当といえるパワーを持っていると感じられた。しかし、贅沢をしてクーパーSやジョン・クーパー・ワークスを選んでターボチャージャー付き4気筒エンジンにすると、より元気な加速をしてくれてスポーツカーらしい排気音も聞こえてくるのがメリットだ。

燃費に関しては、スポーツカーの中では十分良い値だろう。しかし、後で触れるが軽自動車のダイハツコペンの方がさらに優れている。

MINIの車全体にいえることだが、基本的には運転していて楽しい車だ。
キレの良いハンドリング、反応の良いステアリングにパワフルなブレーキ。実に元気に走ってくれる。しかし、これもMINIの車全体にいえることだが、乗り心地はやや硬く、荒い路面では特にバランスを取りにくい。

車内は人目を引くデザインをしているし、このクラスの中では使用素材も良い方だろう。
レトロ風なインテリア装備は多少使いにくい印象もあるが、トップが解放されている時には心地よく風の音が耳に入る。この音が爽快な気分にさせてくれるせいか、そのレトロ風な装備さえも愛着が湧くように思える。もちろん、見える世界も広い。

広さについては、高さや膝置きには比較的余裕があるものの、座席そのものは狭い。
トランクは他の小型スポーツカーに比べて比較的広い。しかし、フォードのマスタングのコンバーチブルタイプなどには負ける。

コペンとは価格が大きく違う!

MINIの車もダイハツのコペンも、ともにセカンドカーとしての人気が高い。しかし、同じ小型オープンカー同士であるロードスターとコペンで比較すると、日本においては走っている台数が全く違う。

残念ながら、コペンはロードスターに比べて俄然価格的なメリットが大きいのだ。
コペンの車両本体価格は199万8千円からと、200万円を下回る。一方、ロードスターはATで車両本体価格357万円と、150万円も差がある。
軽自動車で燃費もコペンの方が優れる(コペン:22.2km/L、ロードスターAT:15.4km/L)ことから、維持費を考えても大きなメリットとなる。

ただし、パワーは俄然ロードスターの方が勝っている
ロードスターの最高出力が90kW、最大トルクが160Nmなのに対してコペンは最高出力47kW、最大トルク92Nmである。
また、コペンとロードスターでは大きさも全く異なる。“ドングリの背比べ”に思えるかもしれないが、高さなども100mm程度違う。

ちょっと贅沢する余裕があれば、パワーあるロードスターを選んでみても良いのではないだろうか。

海外評価&写真の確認

201110_P90085856-zoom-orig 201110_P90085939-zoom-orig 201110_P90085955-zoom-orig 201110_P90086083-zoom-orig

The Roadster is based on the 2-seat MINI Cooper Coupe, which is known for razor-sharp handling and a generally enjoyable driving experience. The Roadster keeps those traits, but it also includes the added benefit of a ragtop for open-air fun on warm, sunny days. If you want the most exciting MINI that you can buy, this is it!
(抜群のキレあるハンドリングと楽しいドライビングエクスペリエンスを与えてくれることで知られるMINIクーパーのクーペが基になっているロードスターだけど、その良さを残しつつ、かつ、コンバーチブルになって暖かい、晴れた日の野外ドライビングをより楽しめるようにしてくれたよね。MINIの中でも一番面白い車を求めるっていうなら、まさにこの車だよ!

スポーツカー関連の記事やMINIの記事を読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー