アルファロメオ新型ジュリアレビュー:6月24日に発表された最上位モデルセダン

AlfaRomeo_Giulia_2015_003_low
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

アルファロメオは車の開発を始めてから今年で105年になるが、その節目として6月24日に新型セダンの「ジュリア」を発表した。

ロゴも変わって歴史を刻む一台として登場

評価ポイント

アルファロメオは今回のジュリアについていくつかのPRポイントを挙げている。

  • 独特なイタリアン・デザイン
  • 最先端技術を駆使した革命的な新型V型6気筒エンジン
  • 前後の重量配分が完全に50%ずつとなった安定感

実力派の一台、登場

スポーティさを残しながら、美しさを演出する。

BMWやベンツなどとはまた違った独特のスタイリングが目を引くジュリア。この名前はかつて大人気を博したモデルと同じもので、105年の節目のイベントで発表されたことからも、この新型ジュリアに対するアルファロメオの大きな自信が感じられる。今回はロゴまで新しいものに変えており、「過去・現在・そして未来を見つめた(アルファロメオ発表)」一台であることが強調されている。

車体の前後重量配分は50%ずつで後輪駆動にした。エンジンとメカニカルパーツは2つの車軸の間で微調整されており、これによってジュリアはとても短いオーバーハング、長いボンネットにフロントウィング、後輪寄りのキャビンに力強いリアウィングという独特なデザインも生み出している。

もちろん、デザインだけを意識して重さが考えられている訳ではない。伝統あるアルファロメオの車として、パワーと速さの両者が一流となるように意識されている。自慢のV型6気筒エンジンはフェラーリのエンジニアが調整を行い、510馬力を誇る。アルミニウム素材などを利用した車体の軽量化もあり、0-100km/h加速に要する時間は3.9秒だ。

これでいて、「燃費が驚くほど良い」と発表されているが、どれほどのものなのか、数値はまだ発表されていない。

日本での販売予定は?

新型ジュリアは日本でも販売される予定だが、時期はまだ決まっておらず、もちろん価格も未知数だ。

※新型4Cも併せてチェック!こちらから

動画と写真で確認

ジュリアの勢いある走りと音はこちらで確認

AlfaRomeo_Giulia_2015_001_low AlfaRomeo_Giulia_2015_005_low

他の新車情報をチェック

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー