アウディA4アバント(2013年)の評価・燃費・試乗レビュー

Audi A4 Avant 2013年モデル
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

2012年に2013年モデルとしてフェイスリフトして今に至るアウディA4アバント。
ワゴンボディのラグジュアリーカーとして、ここまで完成度が高い車はめずらしい。

アウディA4アバントの高評価ポイント

  • 美しいエクステリアと広大な室内空間が見事に両立している。
  • インテリアは丁寧な造形が高品質感を醸し出している。
  • インフォテイメントは直感的な操作性が優れている。

マイナスポイント

  • エンジンオイルの減りはやや早いという声を聞くこともある。

A4アバント 装備・価格(新車・中古)と総評

今や定番になってきたダウンサイジングターボやインフォテイメントをいち早く取り入れた世代の車である。
安全装備としては、死角を補うサイドアシスト、はみだしを防ぐアクティブレーンアシスト、快適装備も兼ねているアダプティブクルーズコントロールなどを備えている。

ヘッドライトユニットのメインビームはキセノンランプで、ビルトインのポジショニングランプはLEDになった。

4気筒直噴DOHCインタークーラーターボの2.0TFSIエンジンは出力180psで、FWDと組み合わされて、実用域では快適な走行性能が確保できている。

日本仕様の2015年モデルは新車で約500万円であるのに対して2013年モデルの中古は350万円ぐらいから出回っていて、見た目はほとんど変わらないので検討の価値は大いにあると言える。

なおハイスペックな兄弟車であるS4アバントは新車で800万円強、中古で500万円前後となるものの、V6で3Lのエンジンは滑らかにして333psもあり、別次元の爽快感を味わえる。

レビュー動画・口コミ評価

A4アバントが美しさと実用性を見事に両立している様子を約3分でチェックできる。

Well the Audi A4 looks much better than both Mercedes and BMW, and that, to me, is more important than slightly better handling or comfort.
(アウディはメルセデスやBMWよりスタイルが良いところが好きだ。僕にとってはハンドリングや安楽さが多少優れているよりも大切なことなんだ。)

Man, when I look at this car, I really don’t care how much better the 3 series drives. A4 avant is absolutely gorgeous inside and out, and I am sorry but with your family inside you won’t be drifting on every corner, your wife and kids would much prefer the classier interior and sexy body shape.
BMW 3シリーズの走りの良さは知っているけど、インテリアもエクステリアも豪華なA4アバントの方が好きだ。家族を載せてドリフト走行するわけじゃないし、高級感があるインテリアや格好良いボディスタイルの方が家族受けが良いからね。)

次の動画は、5分50秒頃からインフォテイメントの使い易さを、6分25秒頃から先進の音声操作を、チェックできる。 (※セダンの動画で代用)

 

Audi A4やその他のラインナップ、競合メーカー等のレビューや取り組みをチェック!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー