メルセデス・ベンツCLAシューティングブレーク(2015)レビュー:燃費、価格…その特徴は?

14C1446_420
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

つい最近販売を開始し、広告なども度々見られるメルセデス・ベンツCLAシューティングブレーク。「スタイリッシュなフォルムを持つCLAクーペに利便性を足した」車ということだが、果たしてその特徴や実力は?

CLAシューティングブレークの特徴

  • デザイン性に拘りながらも実用性のある4ドアクーペ
  • メルセデス自慢の安全性の高さから得られる快適さ
  • Mercedes-AMも開発に関わったSPORTモデルも存在
  • 車両本体価格360万円からと値段も良心的

デザイン性+実用性

CLAは元々スタイリッシュなフォルムを大きな魅力とする4ドアクーペだ。

滑らかな流線型を描いたその形は、悪くいえばやや高さがないようにも見えるし、後部座席のドアの位置を見ればカーゴスペースも広いようには見えない。しかし、通常時で495l分あるカーゴスペースは後部座席の背もたれを前に倒して最大で1,354lにもなる。通常時でも決して狭くない。むしろ広い。

また、道幅が狭い場所などにおいてもシューティングブレークは実用性が高い。セグメントトップレベルの最小回転半径に1,780mmというコンパクトな全幅は、運転により安心感を与えてくれるし、時に冒険心を与えてくれるといえる。燃費はベーシックモデルのCLA180 Shooting Brakeで15.9km/Lである。

「安心感」は「快適さ」へ

メルセデス・ベンツはその安全性の高さでも世界から評価されているが、シューティングブレークにも安全性を高める技術が多く取り入れられている。緊急ブレーキシステムやドライバーの眠気を検知して知らせるアテンションアラームなど、基本的な装備もより安全性を高める装備も多く備わっている。

こうした安心感を得られる装備が充実しているからこそ、落ち着いて快適なカーライフを楽しむことができる。これがメルセデスの誇る技術の一つだ。

Mercedes-AMGが開発に関わったSPORTモデル

ベーシックモデルのCLA180 Shooting Brakeはターボチャージャー付き直列4気筒エンジンを搭載した前輪駆動のモデルで、最高出力は90kWだが、今回はラインナップの中にMercedes-AMGが開発に関わったSPORT(シュポルト)モデルも存在する。

SPORTはMercedes-AMGのエンジニアが開発したフロントアクセルとサスペンションを搭載しており、最高出力は155kWまで上がっている。

価格も安い!

CLAクーペに実用性を加えたというシューティングブレークだが、その価格差はわずか9万円。車両本体価格360万円からである。また、SPORTモデルでも545万円である。

動画&写真で確認

14C1333_03 14C1333_05 14C994_12 14C1346_09 14C994_01 14C994_05 14C994_07 14C994_09 14C1266_00814C1446_406

メルセデス・ベンツ関連の他の記事を読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー