ポルシェ新型マカン(2016)試乗レビュー:2年目を迎えるSUVの出来栄えは?

2016-Porsche-Macan-front-view
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

600万円台で買えるポルシェということで鮮烈なデビューを果たしたポルシェマカン。2年目となる2016年モデルは、どのような変更があるのか。一足早くご紹介したい。

総評

2015年に発売したばかりのモデルということもあり、2016年式マカンにはあまり大きな変更は見られない。パワフルなエンジンスポーツセダンのようなハンドリング乗り心地の良さ、そして高級感のあるキャビンはそのままだ。
他方で、狭い後部座席や荷物スペースについても、課題は残ったままである。

2016年式の変更点としては、以下のようなものが挙げられる。

  • オプションだった3ゾーンオートマチック クライメートコントロールが標準装備に
  • マカンターボにはステアリングホイールヒーターを標準装備
  • サラウンドビューカメラシステムがオプションに追加

“In the end, it comes down to a decision about what you want. And if what you want is the fastest, best-to-drive small luxury crossover on the market, the Edmunds ‘A’ rated Porsche Macan should be an easy choice.” — Edmunds
つまるところ、何を求めているのかという話なのだろう。そして最も速く最も運転が楽しめる小型ラグジュアリーSUVが欲しいのであれば、エドムンドがA評価を付けたポルシェのマカンというのは間違いのない選択だろう。

2016-Porsche-Macan-interior

ポルシェのSUV対決!マカンとカイエンの比較レビューを読む

評価ポイント

  • 性能の高いエンジン
  • 高級感があり、しかもスポーティーなキャビン
  • SUVでありながらスポーツカーのようなハンドリング

マイナスポイント

  • 背の高い人にはやや狭い後部座席
  • 狭い荷物スペース

2016-Porsche-Macan-rear-view

試乗レビュー

相変わらず、キャビンも走りも優れた一台だった。発表されている2016年式のコンパクトSUVの中で、今のところナンバーワンだと言って差し支えないだろう。2016年も、以下のモデルで展開される。

  • 2.0リッター直列4気筒ターボエンジンを備えるベーシックなマカン
  • 3.0リッターV型6気筒ツインターボエンジンを備えるマカンS
  • 3.6リッターV型6気筒ツインターボエンジンを備えるマカンターボ

マカンターボのV6エンジンは加速をとっても最高速度をとっても申し分ない。しかしベーシックなマカンやマカンSでも充分なパワーが感じられた。

7段変速のオートマティックトランスミッションも試乗した記者の間で評価が高く、シフトがスムーズで、それでいてタイムリーだった。

ハンドリングは俊敏で、ステアリングは正確、ブレーキ感も充分と、運転の楽しさを感じさせてくれるという点では他の追随を許さない。それでいて、包まれるような乗り心地があった。

燃費については、ベーシックなマカンは13.3km/Lと国産SUVにも匹敵するレベルだ。マカンSやターボだともう少し燃費は悪いが、同じようなレベルのエンジンを積んでいる車と比較すると、決して見劣りしない。

キャビンも高級感があり、上質な素材スポーティーなデザインをうまく組み合わせている。前列シートは心地よく、サポート感もあった。後部座席は標準的な身長の人ならば充分なスペースだろうが、背が高い人だとやや狭いかもしれない。
※2015年式マカンターボの試乗レビューを読む

2016-Porsche-Macan-1

コンパクトSUVの記事をもっと読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー