メルセデス・ベンツがC200アバンギャルドの左ハンドル特別仕様車「C 200 Sports Edition」を限定発売

14C215_30
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

メルセデス・ベンツの中でも一番人気のCクラス。そのCクラスに左ハンドル特別仕様車が限定700台で販売される。左ハンドルでちょっと贅沢な雰囲気を味わってみてはいかがだろうか。

C200 Sports Edition

2015年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤー賞にも輝き、世界的な評価も高いCクラス。その中でも主力モデルのC200 アバンギャルドの左ハンドル特別仕様車が限定700台で先日より販売されている。

ラインアップは2種類!

顧客からの強い要望に応えて用意されたという、「C200 Sports Edition」。
ラインアップはベース仕様と本革仕様の2種類がある。

  • C200 Sports Edition(ベース仕様)
    ベース仕様ではフロントシートにシートヒーターや、アクティブパーキングアシストといった人気装備盛りだくさんの「ベーシックパッケージ」を標準装備している。
  • C200 Sports Edition(本革仕様)
    ベース仕様の装備に加えて本革シートでより贅沢な雰囲気を味わえるとともに、快適さをさらに高めてくれる「レザーエクスルーシブパッケージ」が装備され、さらにパノラミックスライディングルーフも標準装備。

色はどちらもポーラーホワイトとオブシディアンブラックの2種類である。

AMGスタイリングやAMGラインの特別装備

今回のC200 Sports Editionはただ左ハンドル仕様なだけでない。
メルセデスにおいて性能やスタイリングなどの拘りで人気の高い「AMG」のスタイリングやラインを共通の特別装備としている。

気になる価格は…

価格はベース仕様で車両本体価格606万円本革ベース仕様で車両本体価格680万円だ。ちなみにCクラスは最も安いC180で427万円、C200アバンギャルドで534万円だ。

C200 アバンギャルドの写真を確認

今回発表されたC200 Sports Editionの写真がないので、今回はアバンギャルドの写真を掲載する。

14C215_02 14C215_07 14C215_09 14C215_12

メルセデス・ベンツ関連の記事を読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー