シボレー新型コルベット(2015)試乗レビュー:走り、燃費、海外評価等

cq5dam.web.1280.1280coupe4
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ラグジュアリースポーツカーとして人気の高いシボレーのコルベット。以前紹介したコルベットZ06は1,380万円とかなり値段も高いが、通常のコルベットクーペやコルベットクーペZ51などでも十分その性能は高い。コンバーチブルがある点も魅力的だ。

2015年コルベットの総評

0-100km/h加速が2.95秒という加速力を持つコルベットZ06ももちろん魅力的だが、スティングレーでも十分に驚異的と感じられる加速力を持っている。また、キレの良いハンドリングに爽快で気持ちの良い乗り心地は十分満足できるものだ。

評価ポイント

  • 驚異的な加速力
  • この見た目にして優れた燃費
  • キレのあるハンドリングに快適な乗り心地
  • スポーツカーにしてはカーゴスペースも広い

マイナスポイント

  • 後方に関しては見にくい

試乗レビュー&海外評価

「スポーツカーランキング2015」でも1位に輝いたコルベット。同じくラグジュアリーカーで人気の高いポルシェのボクスターより加速力も馬力もあるということで、その実力は誰もが認めるものだろう。

2014年モデルで第7世代に突入したコルベットスティングレーは6.2リッターのV型8気筒エンジンを搭載しており、そのパワフルさは走り屋を満足させてくれるものだ。最高出力は339kW、最大トルクは624Nmである。コルベットZ51タイプはこれよりもう少しパワーが増すが、十分だろう。0-100km/h加速に要する時間は3.8秒だ。

トランスミッションは、ATで8速オートマチック、MTでは7速マニュアルであり、この点は2015年モデルで新しくなっている。どちらも反応がすばやく、切り替えの良さがうかがえた。

パワフルさだけでなく、燃費も驚異的だ。コルベットの燃費は約12.3km/Lである。これだけのパワーを持つスポーツカーなら、普通は7-9km/L程度だろう。さらにいえば、ハンドリングも「驚異的」にキレが良く、乗り心地も良い。さすが、スポーツカーランキングトップに輝いた車だ。

キャビンのデザインもドライバー思いな、ハンサムな印象だ。快適さのポイントはやわらかいシート素材だろう。革のシートはやわらかく、包まれたような安心感さえある。クーペもコンバーチブルも、スポーツカーの中ではカーゴスペースがともに広めで、この点も満足できると感じた。

唯一の欠点として感じたのは後ろの見にくさだ。もちろん、リアビューカメラはついているが、自分の目で確認することの安心感を頼りにしている人も少なからずいるだろう。なお、価格はコルベットクーペで950万円前後からである。

“Whereas the old Corvette offset its limitations with performance and an attractive price, the new Stingray requires no such compensations. If there’s anything missing in this car, it’s the feeling of compromise.” — Popular Mechanics.
従来のコルベットはパフォーマンス不足を値段でカバーしていたが、最新のスティングレーにはそんなものは不要だ。この車にかけているものがあるとすれば、妥協だろう。

その姿を写真で確認!

  • コルベットクーペ
    cq5dam.web.1280.1280.coupe5jpg  cq5dam.web.1280.1280coupe2
  • コルベットコンバーチブル
    cq5dam.web.1280.1280 cq5dam.web.1280.1281

他のスポーツカー関連の記事を読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー