アウディA4(2014)試乗レビュー:走りや燃費、中古での販売価格

A4110034_small
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

アウディA4は先日フルモデルチェンジした2016年モデルを発表している。20.8km/Lという燃費の優秀ぶりを持つ2016年モデルも気になるところだが、フルモデルチェンジ前の2014年モデルをチェックしたい。

アウディA4(2014)の総評

スタイリング、車内空間の快適さ、運転している時の乗り心地と走らせた感覚の良さ。2014年モデルのA4は「お洒落なカーライフ」にぴったりのパートナーだろう。その一方で、実用性という面ではまだ課題がある車かもしれない。

評価ポイント

  • 滑らかな乗り心地にキレのあるハンドリングとバランスが良い
  • 人を魅了する、お洒落で快適な車内空間
  • このクラスでは優秀な燃費(高速道路走行で13.6km/L)

マイナスポイント

  • フルモデルチェンジした新型A4に比べると燃費が悪く思える
  • カーゴスペースはライバルより容量が無い
  • インフォテイメントシステムはやや複雑で使いにくい

試乗レビュー

第5世代となる2016年モデルのA4は実に優れた一台だが、2014年モデルも十分魅力的な一台だ。

標準搭載エンジンはターボチャージャー付き4気筒エンジンだ。アウディが誇るクワトロ(四輪駆動)システムは搭載されていないが、上級グレードで選択も可能だ。ただし、前輪駆動の状態でもその動きは決して悪いものでない。パワーも、都市部や高速道路での走行は十分満足できるものだった。

A4のもう一つの魅力は、走りのバランスの良さだろう。乗り心地は良くても走りが落ち着き過ぎている車やハンドリングのキレが良くても安定感に欠ける車がある中で、A4は両者のバランスがかなり良い。

インテリアも一流の素材を用いており、全体的に品質の良さを感じられる空間だ。後部座席が少しばかり狭いと感じる人もいるかもしれないが、多くの人にとって気になる狭さではないだろう。ただし、カーゴスペースのみはライバルに比べてやや狭いと言わざるを得ない

なお、同じ第4世代の2015年モデルの利点についてこちらのページは詳しく解説している。ぜひこちらもチェックして頂きたい。

中古での価格

2015年7月現在、アウディA4(2014)の価格は大よそ400万円前後である。新車購入で470万円弱であることを考えると、現時点ではあまりお得だと思えないかもしれないが、2014年モデルであればかなり新しい方なので妥当だろう。また、今後フルモデルチェンジした2016年モデルが登場することで価格が下がる可能性も十分にある。

写真でチェック

A4110029_small

A4110033_small

A4110035_small

アウディの他の記事を読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー