新型アウディS7スポーツバックの走り・試乗レビュー・口コミ

S7 sportsback - blue body
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

2015年のアウディS7スポーツバック。
ハイパワーなV8エンジンと大柄なファーストバックボディを持つ、ハッチバックゲート付き5ドア・ラグジュアリースポーツクーペが、フェイスリフトを実施した。

新型アウディS7 評価ポイント

  • ラグジュアリー、スポーティー、実用性の3つ全てを備えている。
  • エクステリアとインテリアともに華やかさと機能が向上した。
  • エンジンとトランスミッションの改良で燃費が向上した。

マイナスポイント

  • ラグジュアリー重視派でスポーティーでなくて良い人には不経済。

S7スポーツバック総評・スペック詳細

エクステリアは6角形をモチーフにして幅が広くなったグリルが新鮮である。
機能も向上したのはライト類で、LEDヘッドライトは自動配光機能が用意されていて、ターンシグナルは流れるように方向を示すようになった。

S7140001_small

インテリアはインフォテイメントがバージョンアップした。運転姿勢のまま使えるセンターコンソール上のタッチパッドコントロールは、回せばスクロール、上に触れた指先を開けばズームと言うように、とても使い勝手が良い。
自分のスマホを接続して走りながら使うこともできるようになった。

S7140013_small

安全装備の自動ブレーキは当然であり、アダプティブクルーズは停車から再発進まで作動範囲が広がった。
死角モニターが危険を察知しているときはレーンキープを解除させないという連動制御も心強い。

語りつくされた感があるクワトロ4駆の走りっぷりは今更言うまでもない。
端正なデザインのアウディファミリーでありながら、V8エンジン特有のサウンドと全長4.97mの大柄なファーストバックボディの組み合わせは、少しばかりアメリカンマッチョカーに通じる雰囲気も味わえた。

今回のレビュー対象にしたS7の兄弟車にはマイルドなA7とハードなRS7があって、日本仕様でエンジン、パワー、JC08燃費、税込価格を比較すると次のようになる。

  • S7 Sportback : V8-4L 450PS 10.1km/L \13,440,000 AWD ラグジュアリースポーツ
  • A7 Sportback : V6-3L 252PS 12.6km/L \ 9,240,000 AWD ラグジュアリー
  • RS7 Sportback : V8-4L 560PS 10.3km/L \17,720,000 AWD スーパースポーツ

試乗レビュー動画・口コミ / S7・RS7との違い

まずは、V8のエキゾーストサウンドをたっぷり聴ける動画である。

This is the best looking (yet practical in terms of space for passangers and luggage) Audi ever made. Period. Prettier then the new Mercede$ CLS and Por$he Panamera. I hope they don’t screw the looks with the new generation.
アウディの中で一番格好良くて、しかもリアパッセンジャーの居住性やラゲッジスペースが実用的だ。これに尽きる。金食い虫なメルセデスCLSポルシェパナメーラより好感が持てる。願わくばいつかフルモデルチェンジするときにデザインを壊さないでほしい。)

Great car, but Audi should have given the U.S. version the same 450hp engine and 21″ wheel option as in Europe. We only get last year’s 420hp and 20″ wheel option. Otherwise it is an awesome car and I special ordered mine last week!
(大した車だけどアメリカ仕様でも450HPのエンジンと21インチのホイールを設定して欲しいね。420HPと21インチまでしかないから。それでもすごい車だから先週オプション仕様で発注したよ!)

次は、エクステリアとインテリアをじっくりチェックできる動画である。
寄せられたコメントは丁度良い具合にA7、S7、RS7の棲み分けを語っている。

I don’t get the point of the S7, if its an A7 with more sportiness and a little less practical, why not just get the RS7? I realise its more expensive but the S7 isn’t exactly a bargain.
(S7のどこが良いんだろう。A7の実用性を削ってスポーティーにしてるなら、いっそのことRS7のほうが良いと思う。確かにもっと高くなるけど、S7がお買得とも思えない。)

You have to compare the S7 and the RS7 directly. For me the RS7 for a business car is a little bit too much, too macho. The S7 perfectly bridges the GAP in between the super sporty RS7 and the V6. Drive it and you will get the point. I ordered my S7 today.
(S7とRS7を実際に比べてごらん。RS7は実用車として使うにはマッチョ過ぎると思う。スーパースポーツのRS7と、普通にラグジュアリーなA7のギャップを、S7は見事に埋めている。試乗したら分かると思うよ。ちなみに僕は今日S7を発注したんだ。)

Audiやその他のカーレビューをさらにチェック!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー