フェラーリ458スぺチアーレ(アペルタ)の走り・試乗レビュー・口コミ

ferrari 458 yellow
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

自然吸気4.5リッターV8で605馬力を発揮するFerrari 458 Speciale。
2013年にクーペスタイルで登場して、2014年にはイタリア語でオープンカーを意味するApertaが加わった。

フェラーリ458スぺチアーレの評価ポイント

  • 0~100km/h加速タイムはわずか3秒フラットのスーパースポーツである。
  • エクステリアもインテリアもラグジュアリーに磨き抜かれたデザインである。
  • アペルタの脱着ルーフは車体と同色のハードトップで装着時も格好良い。

マイナスポイント

  • 「走る宝飾品」とでも思うしかない約4,000万円もする高価な値段。

458スぺチアーレの走行・総評

リッター当たり135馬力は普通ならターボが必要であり、自然吸気でこの値を出すのはさすがフェラーリだ。

ミッドシップエンジンレイアウトはコーナリングの限界挙動がナーバスになりがちだが、電子制御SSC(サイドスリップ・アングルコントロール)で安全性を確保している。

空気抵抗係数は0.355で飛び抜けた値ではないが、そこには深い理由がある。揚力係数をマイナス0.485という驚異的な値にして路面に吸い付かせて、グリップを高めることを優先しているのだ。
そしてオープン仕様のアペルタはクーペ仕様に対して50kgしか重量が増加していないこともさすがだ。

世の中がスーパーカーに熱狂していた時代と違って、ハイテクが様々な分野に溢れている現在では、「だから何?」という反応もあるかも知れないが、究極を追求する姿勢が感動を生み続けていることには疑う余地がない。

試乗レビュー動画・海外の口コミ

この動画では、高性能なスペチアーレを自在に操って疾走する様子をご覧頂こう。

I’ve been privileged enough to have driven a speciale. It’s incredible. The gearbox is absolutely unbelievable, it changes down the box before you’ve even thought about it. Ferrari for me are on another level at the minute. The naysayers will always disagree but as much of a cliche as it is, I’ve never known any other car go from complete every day pussy cat to absolute weapon at the flick of a paddle. Enzo would have been proud!!
(とても光栄なことにスペチアーレを試乗する機会があった。想像をはるかに超えていた。
信じ難いことにツインクラッチ自動変速機はシフトダウンしたいと思った時にはもう完了している。
乗って1分もせずにフェラーリは別次元なのだと分かった。
否定論者には好きに言わせておけば良い。普段走りではとてもおとなしくて、パドルシフトを操れば最終兵器に豹変してかっ飛ぶ車はフェラーリだけだと思う。創業者のエンツォも天国で誇らしく思ってるだろう。)

次は、雨天でも安全にスポーツ走行できることをアピールするのは良いのだが、アぺルタのルーフを開いてずぶ濡れで運転するイギリス流ユーモアにはあっけにとられる。

At the beginning of this video, i thought it was crazy to drive a convertible in a heavy rain,espeacially a Ferrari. But after watching it, i think if i have a chance to own this car, i would do the same thing. Drive in the rain,feel the nature with this glorious monster.What an Heaven!!!
(最初は土砂降りの中でフェラーリのコンバーチブルを走らせるなんてクレージーだと思った。
でも観ているうちに、もしこの車が買えるならやってみたいと思うようになった。雨の中を走り、自然の中で誉れ高いモンスターマシンを堪能する、何と至福なことか!!!

Ferrari definitely lent them that car, and they probably gave them the go ahead to review the car with the top down in the rain. After all this is probably the prototype used for testing, therefore it doesn’t matter to Ferrari if the interior gets wet.
(試乗車を貸し出したフェラーリが、雨の中でルーフを開いて走ることにゴーサインを出したに決まっている。おそらく開発テストで使った試作車を試乗に使い回しているから、評判になる動画が撮れたら車内が濡れることぐらいフェラーリは構わないのさ。)

フェラーリやその他のスポーツカーのレビューをさらにチェック!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー