レクサス新型GS(2016)レビュー:スタイリングや装備の変更情報を画像も入れて紹介!

2016_Lexus_GS_200t_012_F6CF06546B42FC50382B5DD048F37ED1E4FE8402_low
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

“ちょっと贅沢な”中型車2015年海外人気モデルランキングで2位に輝いたレクサスGS。安い車とは言えないが、キレの良いハンドリングや心地よい乗り心地などに定評がある。今回は先月公開された、2016年モデルの確認をしたい。

これまでとの主な変更点

  • 新ベーシックモデルとして2.0リッター4気筒エンジンのGS 200Tが登場
  • 新しいスピンドルグリルの投入とテールランプのデザイン変更が外観の大きな特徴
  • フロントバンパーのデザインはよりアグレッシブな印象
  • 車体のカラーバリエーションにはマタドール・レッドウルトラソニック・ブルー・マイカが仲間入り

新ベーシックモデル、GS 200T

今回の発表で明らかになった一番の変化は、200Tの登場だ。

もう少し手頃な価格と「欲張りすぎない性能」で、レクサスはGSユーザーの幅をより広げられるようにした。後輪駆動しかないが最高出力241馬力、最大トルク258lb-ftの力を生み出す一台だ。また、高速道路上では14.0km/Lとラグジュアリーカーの中では燃費も上々な値である。

従来からあるモデルの性能についてはあまり変化がなく、わずかに力を増した程度。ハイブリッドタイプのGS450hのパワーは変わっていない。

価格は、他のモデルはこれまでと変わらない価格(GS250で約530万円~)と思われる。GS200Tはこれよりさらに、わずかながらも安い価格となるだろう。

※2015年GS350と違いを比較(下の写真は2015年モデルのGS350)

2014_Lexus_GS_350_001 2014_Lexus_GS_350_009_51592_42747_low

画像で確認!GS 200T

2016_Lexus_GS_200t_001_8B0E56025833150D9F463B4696DF9F0C050A6449_low

2016_Lexus_GS_200t_003_4DC071C9876C0028265CB6BD90E3C59FAA2C881D_low

2016_Lexus_GS_200t_007_B05BFE1580C112783E8426873301CDD12F6E024A_low 2016_Lexus_GS_200t_008_8EDF0A997A78E77A9E46010B13E18E9AFB4F235C_low 2016_Lexus_GS_200t_017_8C9FB265E2C11F7B5127BC1A17473EA71B500808_low 2016_Lexus_GS_200t_020_8F80D7951C4C41FD0C2512357122DF7846642D52_low

2016_Lexus_GS_200t_015_2BB8EBFA03FEB07C4245F3C32249AB0937CC1730_low

2016_Lexus_GS_200t_019_49464E4FCF5616EF35E2D2EF16B5FAC7BBA4512E_low

画像で確認!GS F

2016_Lexus_GS_F_008_64979_43536_low

2016_Lexus_GS_F_010_64985_43536_low

2016_Lexus_GS_F_023_65024_43536_low

2016_Lexus_GS_F_025_65030_43536_low

2016_Lexus_GS_F_037_65069_43536_low

他の車の新型情報を読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー