フォルクスワーゲン「ゴルフスポーツバン」(2015)試乗レビュー:新しいコンパクトミニバンの日本発売は?

VOLKSWAGEN-Golf-Sportsvan-5111_1
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

2013年にフランクフルトモーターショーで公開された、フォルクスワーゲンの「ゴルフスポーツバン」。海外では既に発売されており、今後、日本で発売を待ち望む声も多い。そこで海外で試乗したレビューや、海外サイトの口コミ評価などをご紹介したい。

総評・海外口コミ

2015年にデビューを飾ったフォルクスワーゲンゴルフスポーツバンは、俊敏なハンドリングと、人と荷物を載せる充分な空間が最大の魅力だろう。
日本での発売はまだ決まっていないようだが、機能性が高いこの一台が今後、日本でも売り出されることを期待したい。

“The 2015 SportWagen carries on the Golf family reputation as a fun, ergonomic, and practical ride, only now with increased utility.” — Autoblog
2015年に発表されたスポーツバンは「楽しく、人間工学を踏まえた、実用的な乗り物」という、ゴルフファミリーの伝統を見事に引き継いでいる。そしてそこに、更なる利便性を付け加えている。

vw_golf_sport_van_04

評価ポイント

  • 俊敏なハンドリング
  • 広々とした後部座席
  • 充分な荷物スペース
  • ディーゼルモデルの燃費の良さ

マイナスポイント

  • 暗い印象がするオールブラックのインテリア(※他の選択肢も有り)
  • 小さく、解像度の低いオーディオ・ナビシステム
  • アダプターがないとUSBやスマートフォンがつなげない仕様

vw_golf_sport_van_05

試乗レビュー

フォルクスワーゲン「ゴルフ」に、コンパクトミニバンが出るということで、きっと快適さと実用性を兼ね備えた一台になるだろうと期待していたが、期待を上回る出来栄えだった。

ゴルフスポーツバンTSIに搭載されているのは、ターボチャージ付4気筒エンジン。充分なパワーを備えており、満タンにして坂道を上るといった場合以外はストレスを感じることはないだろう。TDIモデルであればターボディーゼル4気筒エンジンになり、更に颯爽たる加速を楽しむことができる。

どちらも前輪駆動で、マニュアルトランスミッションが標準装備。オートマはオプションという扱いだ。

燃費は街中で約10km/l、高速で約15km/lと、ボディサイズやクラスを考えれば上々だろう。

素早いハンドリングと乗り心地の良さも手伝って、ゴルフスポーツバンの走りは、運転の楽しさを思い出させてくれる。ブレーキも強く、ステアリングの反応が良いのも評価が高い。

スポーツバンの車内は上質な素材が使われており、ダッシュボードのメタルパーツが良いアクセントになっている。試乗した車のインテリアはオールブラックでやや重苦しく単調な印象を与えていたが、バイカラーの選択肢もあり、こちらの方が快適な雰囲気を演出してくれるだろう。

広々とした後部座席の荷物スペースは、フォルクスワーゲンスポーツバンの最大の魅力の一つだ。大人が座っても、足元も頭上も狭さを感じることはない。

アメリカで発売されているモデルでは、以下のような技術や機能が標準装備になっている。アウディと比べると物足りない気もするが、値段を考えると可もなく不可もなくといったところだろう。

  • レザー調のシートカバー
  • Bluetooth
  • 衛星ラジオ
  • タッチスクリーン式のオーディオ・ナビシステム

また以下のようなオプションも付けられる。こちらも、目新しい技術はないものの、主だったものはカバーしているため不満はないだろう。

  • 温暖シート
  • パワーシート
  • パノラマサンルーフ
  • ナビゲーション
  • フェンダープレミアムの音響システム
  • 後方確認カメラ(リアビューカメラ)
  • 前後の駐車センサー(パーキングセンサー)
  • 衝突警告システム
  • ボタン式発車

vw_golf_sport_van_15

フォルクスワーゲンを検討するならこちらもチェック

vw_golf_sport_van_16

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー