Jeep新型レネゲード(2015)試乗レビュー:小型の四駆SUVの出来栄えは?

2015_Jeep_Renegade_1
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

「輸入車で最も安価なSUV」「ベビー・ジープ」などと評され、日本でも注目を集めているジープの「レネゲード」。 ジープの社長によれば「現在の商品群では最も都市向きのモデル」とのことだが、他社と比べた時にその出来栄えは如何ほどなのか。試乗してきたのでそのレビューをご紹介したい。

総評

2015年秋に日本発売ということで注目を集めている、ジープのレネゲード。
高さのある小型SUVは、その小ささからは意外なほどの優れたオフロード性能を備えている。また乗り心地もスムーズで、スポーティーなハンドリングと、思った以上に万能だ。

オープニングエディションが297万円、リミテッドが313万2000円、トレイルホークが340万2000円と、輸入車としては非常に手が届きやすい価格も嬉しい。

また新人デザイナーが手掛けたというエクステリアも、今までのジープよりもポップで楽しげな印象で、今までにない目新しさがあった。

2015_Jeep_Renegade_10

評価ポイント

  • 広々としたシート
  • オフロード性能の高さ
  • クオリティの高いインテリア素材
  • 俊敏なハンドリング

マイナスポイント

  • 後方の視野の悪さ

2015_Jeep_Renegade_36

試乗レビュー

FIAT 500Xといい、小型SUVの日本発売が続いている。昨今のSUV人気に加え、日本で日常的に使うには、コンパクトSUVとり更に小さいサイズの方が使いやすいといった背景もあるのではないだろうか。

ジープのレネゲードも、そんな例に漏れず、全長や全幅は小さめだ。ただし全高に関しては、例えばポルシェのマカンより10センチ程度高いサイズ感だ。

  • 全長:4,260mm
  • 全幅:1,805mm
  • 全高:1,725mm

しかしそんなサイズでありながら、パワーは充分だ。エンジンはターボチャージ付4気筒エンジン。海外ではリッターサイズに幾つかの選択肢があり、日本でも大きなエンジンが選べる可能性もある。

燃費は市街地で約10km/L、高速で約13km/Lと、このクラスとしては至って平均的な数値だ。

運転してみると、ハンドリングがシャープなのが印象に残った。またコーナーを曲がる時でも走行安定性が高く、車体の傾きも少ない。走りはやや硬いものの、起伏の多い道でもスムーズな運転ができる。

オフロードでも充分に走りこなすことができ、オプションにはなるが四輪駆動を選べば「ジープらしい」走りも楽しめる。

車内は非常に上質な素材で作られており、フロントシートもリアシートも広々としている。先述の通り、マカンなどより背が高いこともあり、頭上も広々としていた。屋根の形の都合で、後方がやや見にくいのが難点だ。

日本発売モデルでは何が標準装備になり、何がオプションになるのか、明らかになっていない部分もある。しかし海外での例を見る限り、死角モニターやレーン逸脱警告、衝突警告システム、後方駐車センサー、リアビューカメラなどはオプションになりそうだが、価格を考えれば仕方ないだろう。

2015_Jeep_Renegade_121

海外での口コミ

“During 2015, that class is due to more than double in size, with newcomers to include the Chevrolet Trax, aforementioned Fiat 500X, Honda HR-V, Mazda CX-3, and the Jeep Renegade. Among these, however, the Renegade is the only one capable of anything close to severe off-road use.– Consumer Guide
シボレーのTrax、フィアットの500X、ホンダのHR-V、マツダのCX-3などが相次いで発売され、2015年の内に「小型SUV」と呼ばれるサイズの車は2倍以上になった。
しかし本当に意味でオフロードといえるのはレネゲードだけだろう。

“It’s the only thing at this size and price with its off-road ability and on road manners. It may be built in Italy and share a Fiat platform, but take heart: the Renegade’s essence is all Jeep.” — Kelley Blue Book
レネゲードは、このサイズと価格で、オフロード性能と市街地での走りを兼ね備えた唯一の車だろう。イタリアで、フィアットのプラットフォームを使って作られていても、その本質は全てジープ製だ。

2015_Jeep_Renegade_70

もっとSUVについて調べたいなら

ランキングで良さそうな車を絞り込む

こちらの試乗レビューも要チェック

 

 

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー