アウディ新型A3(2016)試乗レビュー:走りに燃費、インテリア情報など

Audi at the 2015 Wörthersee
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

「アウディ新車ランキングで2015」でも堂々の1位に輝いたアウディA3。日本ではA4とともに大人気であるが、比較的道幅が狭い日本で走るにも程よいサイズで走りにも魅力があるといった理由から愛されている。2016年モデルもその人気を引き継げるか。

アウディA3(2016)の総評

座席が狭いのはもったいないものの、運転する楽しさが感じられ、インテリアも豪華で満足できる一台だ。

評価ポイント

  • 魅力あるパワートレインとハンドリング
  • ターボディーゼルエンジンモデルはかなり優秀な燃費
  • 高品質なインテリア
  • 使いやすいインフォテイメントシステム

マイナスポイント

  • 後部座席を中心に狭い
  • トランクスペースもやや小さめ

試乗レビュー

2016年モデルのA3は、ターボチャージャー付き1.8リッター4気筒エンジンを標準装備しており、これでも高速道路を走るには十分な力を持っている。オプションで選択できるターボディーゼルエンジンの場合もほぼ同様のパフォーマンスをするが、これに加えて燃費も良くなる点が魅力的だ。また、2.0リッター4気筒エンジンのモデルも存在し、こちらの方がさらに優秀であるが、いずれにせよパワーは合格点といえるだろう。標準の駆動方式は前輪駆動であるが、四輪駆動も選択できる。

燃費については、標準モデルで市街地9.8km/L、高速道路で14.0km/Lであり、このクラスでは標準的な値だろう。ターボディーゼルモデルでは、これが市街地13.2km/Lと高速道路18.3km/Lとなる。この値は、このクラスの中では抜群に優秀といえる。

運転については、キレの良い、鋭いハンドリングが何とも好印象である。特に、四輪駆動モデルでは強い摩擦力に正確なステアリングを感じ、この気持ち良さをよく味わえるだろう。また、凹凸のあるような安定しない道を走行していても乗り心地は快適である。ブレーキは、はじめは少し敏感すぎるように感じるかもしれないが、使い慣れれば心地よいものになるだろう。

インテリアは、このクラスの車としては最も印象の良い一台だ。上品さがあり、実用性を考えて造られており、一流の素材も使っている。ただし、狭い。フロントシートはまだ快適な方だが、前も後ろも頭上や足元にあまり余裕がない。トランクスペースも、このクラスの中では少々小さめである。

安全性については、リアビューカメラや駐車センサーをはじめ、安全性を考慮した装備が多くされている。また、オーディオシステムをはじめ車内の快適さを考えた装備も充実している。インフォテイメントシステムについても使いやすくて反応も良い。装備は上々だ。

※2015年モデルのレビューを確認

※ベンツCLAクラスとの比較を確認

写真と動画で確認

Audi Genuine Accessories A3 Sedan with the style package

Audi Genuine Accessories A3 Sedan with the style package

実際に走る姿やインテリアを細かく見たい人はこちらの動画で確認

他の人気輸入車のレビューを読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー