ボルボ新型XC60試乗レビュー(2016):燃費や走りのレベルは如何に?

Fifth generation Volvo Ocean Race Edition
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ディーゼルエンジンモデルも発売され、注目を集めているボルボXC60。その燃費や走りは如何ほどのレベルなのだろうか?そこで一足早く、2016年式の試乗レビューをご紹介したい。

 

総評

走りとパワーが海外でも高く評価されている2016年式ボルボXC60。しかし実は、優れた燃費性能や車内の高い居住性、充実した安全性能の大きな魅力だ。万能なSUVを求める方は、ぜひ検討してみてほしい。

“Up the luxury of the Lexus RX, the agility and power of the BMW X3 and Audi Q5, but priced like the Acura RDX, this Volvo delivers.” — Kelley Blue Book
レクサスRXのような高級感BMWのX3やアウディQ5のようなアジリティ性能とパワーを備えながらも、アキュラRDXのような価格で手が届く。

Volvo XC60 - model year 2016. exterior, driving
 

評価ポイント

  • パワフルなエンジン
  • 長距離ドライブでも快適な前列シート
  • 広々とした後部座席
  • 充分な荷物スペース

マイナスポイント

  • やや使いにくいナビ

Volvo XC60 - model year 2016. exterior, driving
 

試乗レビュー

日本で発売されているXC60は、以下の2種類のエンジンの選択肢があるが、どちらもSUVに求められるだけのパワーを充分備えている。加速についても、並はずれているとまではいかないが、及第点は超えているだろう。

  • 2.0Lターボ付き直列4気筒ディーゼルエンジン
  • 2.5Lターボ付き直列5気筒ガソリンエンジン

燃費はディーゼルエンジンで18.6km/L、ガソリンエンジンで11km/Lと、このクラスとしては非常に優れている。ハンドリングはスポーティーで、ステアリングの反応も上々。乗り心地もスムーズで快適だった。

XC60のインテリアは上質な素材を使っており、「プレミアムブランド」というボルボのアイデンティティを見事に反映している。また前列シートの快適さ、後部座席や荷物スペースの広さは、車内の居住性や実用性も重視していることの表れだと言えよう。特に荷物スペースは、このクラスで最大級である。

また、以下のような10種類の安全性能がすべてのモデルについているのも嬉しい。

  • 追突回避オートブレーキ(※歩行者検知機能付)
  • アダプティブ・クルーズ・コントロール/車間警告機能
  • ドライバー・アラート・コントロール
  • レーン・デパーチャー・ウォーニング
  • ブラインドスポット・インフォメーション・システム(死角サポートシステム)
  • 急接近車両警告機能
  • クロス・トラフィック・アラート
  • ロード・サイン・インフォメーション
  • フル・アクティブ・ハイビーム
  • リアビューカメラ

Volvo XC60 Ocean Race Edition - interior
 

こちらもオススメ

ボルボが提唱する車の新しいコンセプト

試乗レビューやランキングもチェック

Volvo XC60 Ocean Race Edition - interior

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー