2015年レクサスRCとアウディA5 徹底比較~装備・燃費からパフォーマンスまで

Lexus_RC_350_011_20140213015600146
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

2015年のレクサスRCとアウディA5はどちらがお買い得だろうか?
スポーティーなデザインと高性能そして豪華さを兼ね備えた車が好きなら、アウディA5とレクサスRCは、ともに見逃せないモデルだ。
信頼性・燃費やコストパフォーマンス等、総合的に比べてみよう。

レクサスRCとアウディA5、量モデルの概要

共通点は、どちらも2ドアスポーツクーペであり、ハイテクを装備していて、ラグジュアリーなことである。
逆に、相違点は、アウディA5はロングセラーであり、レクサスRCは全くのニューモデルということである。

Die ultra-Modelle von Audi

レクサスRCはスポーツセダンのISと技術を共用していて、ベースモデルのRC 350とハイパフォーマンスモデルのRC Fがある。 アウディA5はカブリオレのFF仕様を廃止して全てクワトロAWDになった。

信頼性の評価は、ややRCか

2015_Lexus_RC_350_F_SPORT_021_57418_42747_low

RCは登場して日が浅いので信頼性は未知数であるが、J.D.パワーの調査結果で良好な評価を得ているISと同様に良好だろうと期待できる。
A5は既に結果が出ていて平均的な評価を得ている。

保証期間

ボディ関係はどちらも4年または50,000マイルで同じである。
パワートレイン関係はレクサスだけが6年または70,000マイルに延長していて、一歩リードしている。

燃費

RCのベースモデルRC350のエンジンはV6、3.5L、306馬力で、8速ATのリア駆動、あるいは6速ATのAWDが選べる。

  • EPA燃費は、市街8.1km/L、高速12.3km/L
  • ハイパフォーマンスモデルのRC FのエンジンはV8、5.0L、467馬力で、市街6.8km/L、高速10.6km/L

一方A5のエンジンは直4、2.0Lターボ、220馬力で、クーペはマニュアルかATを選べて、カブリオレはATのみである。

  • EPA燃費は、市街9.4km/L、高速13.6km/L
  • ハイパフォーマンスモデルのS5のエンジンはV6、3.0Lターボ、333馬力で、市街7.7km/L、高速11.9km/L

比較すると燃費はA5シリーズが優れていてパワーはRCシリーズが優れていることが分かる。
ここは、好みでの選択になりそうだ。

安全・快適装備は、Lexusに軍配

ニューモデルのRCは自動ブレーキ、リアトラフィックアラート*1、Enform セーフティコネクト*2などの安全装備が充実していて、アドバンテージがある。

2015_Lexus_RC_350_F_SPORT_014_57326_42747_low

*1:駐車場からバックで出るとき、後方だけでなく左右から近づく車も警報する。
*2:万一の事故時はロードサービスに自動接続し、盗難時は位置情報を追跡する。

そのうえRCはスマホ接続、キーレスエンジン始動、後方カメラ、LEDヘッドライトなどの快適装備も充実している。
安全さや快適さでは、A5よりもレクサスRCが総合的に優れているといえるだろう。

コストパフォーマンス

A5のベース価格は41,000ドル、RCは43,700ドルで、A5が少し安い。
しかしRCの標準装備に追い付こうとしてA5にオプションを追加すると同じくらいの値段になるし、そのときでもRCの標準装備のほうが充実している。

両者ともベースでも充実した装備と走行が期待できるだけに、

  • シンプルに標準装備のみならA5がやや有利
  • 同等の装備を求めるなら、RC

といったところだろう。

総合評価

2008年モデルとして現れたアウディA5は今なお素晴らしくて造りが良い2ドアスポーツクーペであり称賛に値する。
しかし様々なラグジュアリー2ドアモデルの新車が現れる中であまり変わり映えがしない。

RCはテクノロジー、安全装備、ハイパワー、モダンなインテリアとエクステリアなどが優れていて、定評あるレクサスの信頼性と長期保証も魅力である。

現時点ではニューモデルならではのアドバンテージがあるRCがお勧めである。ただしカブリオレが欲しければA5の一択である。
RCにもカブリオレが有れば良いのだがと願ってしまう。

Audi / Lexusやその他のラグジュアリーカーのレビューをチェック!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー