スマート フォーツー・カブリオレビュー:遊び心をくすぐるオープンカーの画像と基本情報を公開

Mercedes-Benz Cars auf der IAA 2015Mercedes-Benz Cars at the IAA 2015
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

玩具の世界に飛び込めるような愛らしさと、アグレッシブな雰囲気を併せ持つ車がフランクフルトに登場した。スマートのフォーツー・カブリオだ。フォーツーのクーペスタイルは以前から存在していたが、今回はオープンカータイプが新たに発表された。

玩具の世界に飛び込めるかも…!

smart fortwo cabrio, prime, black to yellow / titania grey matt

スマートといえば、そのコンパクトさや遊び心を感じられる色合いなどから元々「愛らしい」印象を受ける車だった。それでも昔は、どちらかといえば「近未来」を感じさせるような車だったように思う。その近未来のイメージは、もしかするとBMWのi3などの登場でやや薄れてきてしまったかもしれない。
しかし、今回スマートは「愛らしさ」と「アグレッシブさ」をパワーアップさせたモデルを登場させた。

自動で開閉できるキャンバストップ。明るい、パステル調の色合い。街で走っている写真を見れば、模型の中に入り込んでいるようにさえ見える。エンジンは2タイプあり、どちらも直列3気筒エンジンであるが、片方はターボタイプとなる。ベーシックタイプで最高出力71馬力、ターボタイプで最高出力90馬力である。

世界一安いオープンカー?

価格はまだ分かっていないが、スマートのアネット・ウィンクラー代表はこのフォーツー・カブリオについて「世界一安いオープンカー」と公言している。ということは、かなり安いに違いない。クーペタイプ(フォーツーは既に完売)で約190万円だったので、250万弱で手に入るか。

なお、現在スマートは約300万円でEVも出している。

もっと画像を確認する

smart fortwo cabrio, prime, black to yellow / titania grey matt

smart fortwo cabrio, prime, black to yellow / titania grey matt

smart fortwo cabrio, prime, black to yellow / titania grey matt

smart fortwo cabrio, prime, black to yellow / titania grey matt

smart fortwo cabrio, prime, black to yellow / titania grey matt

smart fortwo cabrio, passion, white / jupiter red

遊び心をくすぐる車はこちらにも!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー