2016 新型シビック:フルモデルチェンジしたスペック・試乗レビュー

2016 シビックハイブリッド サイドシルエット
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

フルモデルチェンジした2016年モデルのホンダシビック。
エアロダイナミックなスタイルになり、装備仕様が充実して、ダウンサイジングターボも加わっている。気になるスペックや乗り心地を早速チェックしてみよう。

新型シビック 評価ポイント

  • エアロダイナミクスとリアシートの居住性を両立したパッケージング
  • パッケージングの実現を支えた6ライト・サイドウィンドウ(セダン)
  • ダウンサイジングターボエンジンをラインアップ

マイナスポイント

  • メカニカルな印象が強いインパネは好みが分かれるかも知れない

2016年シビックセダン レビュー総評

考え抜いたコンセプトに相応しい名前を付けた初代シビックは、スモールカーの世界基準になり、ホンダの名声を揺るぎないものにした。

フルモデルチェンジした2016年モデル10代目シビックは、エアロダイナミックなスタイル、さまざまなテクノロジー、およびダウンサイジングターボ・バージョンを伴って登場した。

最初に4ドアセダンを発売し、その後クーペと5ドアハッチバックが続く。
スポーテイーなSiおよび最もホットであるタイプRはもう少し後になりそうだ。

honda civic front green

フロントグリルは迫力があり、一足先にフェイスリフトしたCR-Vやアコードと印象が似ている。
サイドシルエットは華麗な流線形を描きながらリアヘッドルームも十分に確保している。
張りがあるフロントホイールアーチと彫り込まれたサイドラインは、エコノミーカーらしくない逞しい印象を醸し出している。

デイタイム・ランニングライトとテールライトはLEDを使い、後者はデザインの自由度を活かして横長のC字形でインパクトがある。
なおオールLEDヘッドランプはオプションとなる。

エンジンは2種類あり、ベースモデルは直4で2Lのi-VTECで、6速マニュアルまたはCVTと組み合わされる。オプションは直4の1.5LダウンサイジングターボでCVTのみとなる。

スタイルやエンジンとともに装備仕様も改良されている。
アコードと同様の7インチタッチスクリーンを採用して、アップル・カープレイやアンドロイド・オートも利用可能である。
自動ブレーキ、レーンキープ、アダプティブクルーズなどのセーフティも充実している。

ホンダは10代目シビックをプレミアム・コンパクトに位置付けていて、ソフトタッチのダッシュボード、高輝度TFTディスプレイ、LED室内照明などでインテリアを仕上げた。
シートポジションはスポーティーな低めで、セダンの室内空間はクラス最大だという。

海外でのユーザーレビュー動画・口コミ

1) セダンのエクステリアとインテリアをチェックしてみよう。アコードとの対比のコメントも見られる。

Honestly, it looks really good!
(本当に格好良いね!)

Looks great. Almost big enough to pass off as a new Accord though.
(堂々としてるなぁ。この大きさなら新型アコードと大差ないね。)

2) 次は、クーペのエクステリアをチェック!

HONDAやその他のセダン等のレビューをさらにチェック!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー