フォード新型フォーカス(2015)試乗レビュー:マイナーチェンジ後の走りは如何に?

2015_Ford_Focus_29
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

2014年のジュネーブモーターショーでお披露目され、今10月より発売された新型フォーカス。マイナーチェンジを経た3代目の仕上がりはどの程度のものなのか?早速試乗してきたのでご紹介したい。

総評

フォードの新型フォーカスはマイナーチェンジを経て外見が変化しているが、そのエレガントなインテリア、そしてキャビンに使われたトップクオリティの素材が高く評価されている。またスポーティーなハンドリングも健在だ。

今回の主な変更点は以下の通り。

  • インテリア、エクステリアの大幅な変更
  • エコブーストエンジン搭載
  • リアビューカメラが標準装備に
  • ハンズフリー駐車機能の搭載

“The 2015 Ford Focus deserves a look if you’re in the market for a fuel-efficient compact that comes with an extra helping of style, technology, comfort and a fun-to-drive nature.” — Kelley Blue Book
2015年式のフォードフォーカスは、燃費が良いコンパクトカーで、スタイル、テクノロジー、快適さ、そして運転する楽しさを備えている。一見の価値があるだろう。

2015_Ford_Focus_6

評価ポイント

  • 俊敏なハンドリング
  • キャビンに使われている一流素材

マイナスポイント

  • 狭い後部座席

2015_Ford_Focus_5

試乗レビュー

今回のマイナーチェンジで一番のポイントは、インテリアだろう。
ハイエンドな素材を使った、作りのよいキャビンに仕上がっている。運転席も更に快適になっているが、狭い後部座席はまだ改善されていない。また荷物スペースも、同じクラスの他の車に比べると、やや狭い印象は否めない。

性能に目を向けてみると、日本ではエコブースト機能付きの直列4気筒エンジンのオートマのみ、2モデルでの展開。このオートマトランスミッションは、低速でのシフトが遅く、ややストレスを感じる。

燃費は14.3km/L。一昔前のアメリカ車なら絶賛に値する数値だが、このクラスの日本車やドイツ車と比べると見劣りしてしまう。

ただ乗ってみると、ハンドリングはクイックで、ステアリングも思い通りの動き。運転する楽しさを感じさせてくれる一台だった。快適さ、サスペンションのチューニングの良さも変わっていない。

アメリカ車に拘ると、めぼしいライバルはいないだろう。
しかしもう少し広く検討するならば、フォルクスワーゲンのゴルフとも比較してみると良いだろう。同じハッチバックで比較すると、ゴルフの方が荷物スペースが広く、また燃費も優れている

 2015_Ford_Focus_25

こちらもオススメ

2015_Ford_Focus_30

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー