ジープ新型ラングラー(2015)試乗レビュー:オフロード性能を重視したSUV!

2015_Jeep_Wrangler_3
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

古き良きクロスカントリー車の様相を残すジープのラングラー。昨今流行の丸みを帯びたSUVとは一線を画すスタイリングで、根強い人気がある一台だ。そこで2015年式ラングラーの試乗レビューをご紹介したい。

総評

2015年式のラングラーは、オフロードでも優れてくれた走りを見せてくれ、ファンの期待を裏切らない一台に仕上がっている。しかしながら、乗り心地は荒く、また装備類は乏しいため、「誰もが求める車」というよりは「ファンのための一台」というべきだろう。

“An SUV unlike any other, the 2015 Jeep Wrangler offers exceptional off-road capability, though its lack of refinement makes it an acquired taste.” — Edmunds
他のSUVとは全く違う一台。2015年式のラングラーは並外れたオフロード性能を備えている一方、どこか古臭い印象もある。

2015_Jeep_Wrangler_5

評価ポイント

  • 優れたオフロード性能
  • 標準装備の四輪駆動(後輪駆動と切り替え)

マイナスポイント

  • 荒っぽさが残るエンジン
  • あまり良くない乗り心地
  • 乏しい装備類

2015_Jeep_Wrangler_21

試乗レビュー

日本国内で発売されているラングラーは計3モデル。エンジンは全て共通でV6エンジンだが、乗ってみると、普段の生活には充分なパワーは備えている。しかしながら、エンジンパワーの割に体感速度はそれほど速くなく、またエンジンの音も気になった。

燃費はモデルによって異なるが、7.5~7.9km/L。このサイズのSUVとしてはやや見劣りする数値だが、オフロード性能が優れた車種に限って比較すると、平均程度である。

ラングラーは四輪駆動と後輪駆動の切り替えができるが、四輪駆動ならどんな路面でもやすやすと走りこなすことでき、オフロードカーとしては屈指の一台に仕上がっている。その反面、その荒っぽい作りは、粗い乗り心地と重たいハンドリングに繋がっている。

運転席の座り心地は上々で、前方の見晴らしも良いが、それに比べると後方はやや見辛い。

2015_Ford_Focus_8 2015_Ford_Focus_25

こちらもオススメ

SUVのランキングで人気車種をチェック

アメリカ車が好きなら個別のレビューも

2015_Jeep_Wrangler_1 2015_Jeep_Wrangler_12

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー