ランドローバー新型ディスカバリースポーツ(2015)試乗レビュー:燃費はそこそこだが高いオフロード性能!

2015_Land_Rover_Discovery_Sport_8
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

SUVブームも手伝い、日本でも徐々に知名度を獲得してきたランドローバー。そこで、ランドローバーも公式サイトで「最も汎用性が高いコンパクトSUV」とうたっているディスカバリースポーツの試乗レビューをご紹介したい。

総評

真新しいランドローバーディスカバリースポーツは、広々としたキャビンと、オンでもオフでも秀逸な走りが高く評価されている。ただ、エンジンの仕上がりには少し課題が残っている。

“The entry-level Land Rover, now competent and handsome” — Car and Driver
ランドローバーのエントリーモデルは、性能も高く、ハンサム。

if off-road capability and a comfortable, refined driving environment are of importance to you, a stop at your Land Rover dealer would certainly be time well spent.” — Consumer Guide
オフロード性能快適で洗練されたドライブ環境を重視するなら、ランドローバーのディーラーに寄るのは賢い時間の使い方だろう。

2015_Land_Rover_Discovery_Sport_1

評価ポイント

  • 素晴らしいオフロード性能
  • 広々としたキャビンと荷物スペース

マイナスポイント

  • 少し違和感が残るエンジン
  • ダウンシフトの時には遅いトランスミッション

2015_Land_Rover_Discovery_Sport_2

試乗レビュー

2015年式のディスカバリースポーツに搭載されているのは、2リッター直列4気筒エンジンターボチャージ付。

このエンジンはパワーは充分だが、加速が滑らかだとは言い難い。ターボが発揮されるまでにタイムラグがあり、暫くは加速が冴えないのに、途中から急にグインと加速し出す。また、9速オートマティックトランスミッションを搭載しているが、ダウンシフトの時は反応が遅い。このタイミングに慣れるまでは、思い通りに動かしにくいと感じるだろう。

燃費は10.3km/L。このクラスとしては、平均か、それをやや下回るくらいだろう。

加速にはやや使いにくさはあるものの、ハンドリングは落ち着きがあり、ステアリングの反応も良い。乗り心地はどちらといえば硬い部類に入るだろうが、しかしだからといって快適さを損なってはいない。

このディスカバリースポーツは四輪駆動でテレイン・レスポンス・システムを備えているため、オフロードや悪天候に合わせたモードを選ぶことができる。このシステムが秀逸で、荒れた路面でもタフに走っていける。特にオフロード性能は、他社よりも優れていると言っていいだろう。

車内のスペースは充分あり、前列も2列目も、大人が座っても充分に余裕がある。2列目がスライドし、様々な用途に合わせて位置を変えられるのは、特にアウトドアに出かける人やファミリーには嬉しいだろう。またオプションで3列目を付けることもでき、こちらも子どもなら充分なサイズだ。
 

 

こちらもオススメ

SUVランキングで人気車種をチェック

ランドローバーの試乗レビューも公開中

2015_Land_Rover_Discovery_Sport_4

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー