メルセデス・ベンツが部屋をデザイン!ロンドンのビジネスマン向けフラット

Mercedes-Benz-frazer-apartment-dining-room-600x449
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

長年の歴史と伝統を持つメルセデス・ベンツが、高級ビジネスフラットを手掛けた。高級アパート産業をリードするグローバル企業、フレーザー・ホスピタリティー・グループと手を組んでビジネス展開をするという。

Sクラスやマイバッハのインテリアがフラットに

メルセデス・ベンツが手掛けた部屋は計6部屋。ロンドンの豪奢な一角、ケンジントンエリアに位置する、フレイザーレジデンスにある。

それぞれの部屋は100平方メートルを超える大きさで、以下のような部屋があるという。

  • 2つのベッドグルーム
  • リビングエリア
  • 備え付けのキッチン

照明から家具の各ピースまでこだわって選ばれており、インテリアにはSクラスやマイバッハモデルも使われるなど、随所にメルセデス・ベンツの持つ伝統が活かされている。

またそのインテリアを活かすようなレイアウトでスタイリングされており、流れるような一体感と、それでいて広い室内にスペース感を出せるようにしているという。

「メルセデス・ベンツの乗り物と同様、(部屋を作る際にも)官能的な見た目や清潔感のあるラインと、ハイテクな機能性を組み合わせて、モダンでラグジュアリーな世界観を作り出しています。すべては、快適でリラックスができる空間を目指しています。」とダイムラーAGのデザインリーダー、ゴードン・ウェーゲナーは語っている。

Mercedes-Benz-living-frazer-apartment-600x449

ブルメスターやスワロフスキーも取り入れた部屋に

各フラットのメインとなるのは、ブラックマジックウォールと呼ばれるマルチメディアシステム。壁一面がグロッシーな黒で仕上げられており、エンターテイメントを楽しむのに使える。このシステムが室内のアクセントとなっており、かつラグジュアリーカーのインテリアを想起させる要素にもなっている。

今回の部屋はSクラスやマイバッハでも採用されている、オーディオシステムの「ブルメスター」クリスタルの「スワロフスキー」も使用しているという。

この部屋は11月にオープンし、一般のビジネストラベラーにも広く開かれることになるが、この取り組みが成功した場合には、シンガポールで更に9つのフラットを手掛けることが計画されているという。

Mercedes-Benz-frazer-apartment-600x449

自動車と他産業のコラボの例は他にも!

 
Mercedes-Benz-frazer-apartment-sofa-600x449

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー