マセラティvsアルファロメオ比較:走り自慢はどちらの車か

130916_AR_alfa-romeo-4c-36
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

昨年公開の映画『LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標』では、マセラティ・ボーラとアルファロメオ・ジュリア1750GTVのカーチェイスが展開された。作品で観る分には、走りはマセラティ・ボーラが上回っていたように思う。しかし、実際はどうなのか。2つの車はどちらも1970年代のものなので、今回は現在販売中のマセラティ車とアルファロメオ車から“走り”に優れたスポーツカーを選び、比較する。

比較する車種

マセラティ グラントゥーリズモ スポーツ ※以下、各項目の表記はグランスポーツに省略

maserati-granturismo-sport-1

アルファロメオ 4C
130916_AR_alfa-romeo-4c-36

力強さはグラントゥーリズモ スポーツの勝利、加速力は4Cの勝利

  • 最高出力    グランスポーツ:338kW > 4C:177kW
  • 最大トルク   グランスポーツ:520Nm  > 4C:350Nm
  • 最高速度    グランスポーツ:300km/h > 4C:258km/h
  • 総排気量    グランスポーツ:3,799cc > 4C:1,742cc
  • 0-100km/h加速 グランスポーツ:4.7秒 > 4C:4.5秒

軽さ、イタリアンスポーツカーらしい外観を備えるのは4C

  • 全長   グランスポーツ:4,885mm < 4C:3,990mm
  • 全高   グランスポーツ:1,355mm  < 4C:1,185mm
  • 車両重量 グランスポーツ:1,920kg < 4C:1,100kg

走りや音を動画で確認&口コミ

マセラティ・グラントゥーリズモ スポーツ

 

The sound and performance are intoxicating.
(排気音と走り具合には熱狂させられるものがあるよ。)

Grace, and elegance, in a sports luxury package… It seems like the realm of fantasy but Maserati did it!
(美しさと上品さをスポーツカーに詰め込むなんて夢の話のように思えたけど、マセラティはそれをやってみせた!)

アルファロメオ 4C

 

This is how sport cars should be.(これが、スポーツカーのあるべき姿だね。)

We drove for a some hours. Incredibly fun! love that car!
(数時間運転してみたけど、信じられないほど楽しかったよ!この車、気に入ったよ!)

総評

上記の通り、力強さはマセラティ・グラントゥーリズモスポーツに軍配が上がるが、コンパクトで機敏なイタリアン・スポーツカーとしての魅力はアルファロメオ・4Cの方が魅力的なようだ。勢いを感じられる排気音に関してはどちらの車も好評であった。どちらも十分魅力的なスポーツカーといえそうだ。

ただし、マセラティ車はどの車もアルファロメオ車と比較して2-3倍の値段である。「購入」という観点で両社の車を比べるならば、この値段が判断の大きな分かれ目となるだろう。

なお、車とは関係ないが、『LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標』の観賞もお勧めする。「世界一のガンマンは二人いらねぇ」「勘違いするな。俺とお前はあくまでもビジネス上のパートナーだ。仲間じゃない」-50分の短い作品でシンプルなストーリー展開ながらも、しびれるような名言が散りばめられた作品だった。次元大介の魅力を改めて感じさせられた。

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー