メルセデス・ベンツSLKクラス(2015)試乗レビュー:高級スポーツカーの性能、走り、燃費等を確認

14C148_01
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

ラグジュアリースポーツカーといえば、日本ではポルシェのボクスターケイマンが特に人気かもしれない。フェラーリ車は最上級の贅沢といえるだろう。SLKクラスは、もう少し手頃な値段で、高級感あるスポーツカーを楽しみたいという人におすすめである。

SLKクラス(2015)の総評

魅力的なキャビンだけでなく、乗り心地とハンドリングで非常にバランスのとれた一台といえるだろう。ただし、ライバル車の中にはもっと速くてワクワクさせるような走りをしてくれるものもあるので、そういった意味ではスポーツカーとしてまだ課題が残る

評価ポイント

  • 豪華なインテリア
  • キレの良いハンドリング

マイナスポイント

  • ベースモデルは加速力に欠ける
  • ATモデルはギアチェンジが遅い
  • 車内はやや狭い

試乗レビューと海外評価

日本で販売されている2015年モデルのSLKクラスはどれもターボチャージャー付き4気筒エンジンを搭載している。どのモデルもパワー性能に違いはない。そのパワーは、このクラス相当のものではある(最高出力135kW、最大トルク300Nm)が、加速力についてはやや弱さを感じた。ポルシェのボクスターなどはインテリアの高級感もあり、それでいてパワーも加速力も抜群だ。約180万円の差があるとはいえ、その性能の差や満足感は価格差に相当するかもしれない。

残念ながら、日本では同じパワー性能のSLK 200 MT、SLK 200 TREND+、SLK 200 Exclusiveしか販売していないが、海外ではSLK 250やV型6気筒エンジンを搭載したSLK350なども販売しており、さらにV型8気筒エンジンを搭載したAMGモデルも存在している。AMGモデルなどは加速力も抜群であり、満足感を得られるだろう。

トランスミッションについては、SLK 200 MTが手動6速M/Tであり、残りの2つのモデルが電子制御9速A/Tである。ATについてはギアチェンジの反応がやや遅いと感じられた。

燃費は14.2-14.7km/Lと、このクラスのスポーツカーにおいては優秀な値である。ただし、この秋販売開始となったアウディ新型TTクーペも14.9km/Lと同じような値を出している。今後はこのレベルの燃費が当たり前となっていくだろう。

キレの良いハンドリングと正確なステアリング、そして快適な走りと全体的に高級感ある、落ち着いた走行性能を持つSLKクラスだが、スポーツカーらしさには多少欠ける。アグレッシブな走りを求めたいという人には、あまり向かないかもしれない。

キャビンについては、高級感がある。使用している素材はもちろん、スタイルもハンサムで落ち着いた印象がある。座席の座り心地についても快適である。しかし、全体的に狭いというのは否めない。トランクスペースは、逆にこのクラスの車としては広い方である。

装備については格納式ハードトップのパノラミックルーフパネルやBluetooth、HDラジオなどがある。安全に関係する装備もアダプティブ・クルーズ・コントロールや自動ブレーキも備えた前方衝突防止機能、車線逸脱防止機機能などがある。インフォテイメントシステムもシンプルで比較的使いやすいといえるだろう。

海外評価においては、ハードトップのスタイリングが好まれ、安全性の高さも評価されているようだ。

“Now in its third generation, the latest SLK provides a much better balance between handling and comfort while continuing to offer the versatile hardtop convertible configuration that made the original a hit.” – Left Lane News
(3代目となった最新のSLKクラス<※3代目の販売は2011年~>はこれまでよりさらにキレの良いハンドリングと快適さのバランスを実現していて、その一方で初代にヒットした多才なハードトップ・コンバーチブルの構造を維持している。)

“Think of the 2015 Mercedes-Benz SLK as two cars in one: a fun-loving open-air roadster and a cozy, secure coupe.” -Kelly Blue Book
(2015年モデルのメルセデス・ベンツSLKクラスは遊び好きで開放的なロードスターと、居心地の良い、安全なクーペの二種類の車を一つにしたような一台だ。)

SLKクラスの他に検討するなら

  • 中古のポルシェ ボクスター
    新車ではSLKクラスに比べて200万円近く価格差があるポルシェのボクスターだが、やはりスタイリングも性能もラグジュアリースポーツカー人気No.1を誇る実力の持ち主である。2011-2012年モデルがおおよそ500万円前後で販売している。
  • アウディTTクーペ
    同価格帯で販売している、日本でもおなじみの車だ。性能もほぼ変わらない。むしろ、この時から販売開始となった3代目は若干ながらもSLKクラスを上回る性能を持っているぐらいである。ただし、コンバーチブルではないので、そこは考えどころである。

画像で確認

14C148_02 14C148_04 14C148_05 14C148_08

他のスポーツカーの記事を読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー