ジャガー新型XF(2016)試乗レビュー:フルモデルチェンジしたXFのスタイリングや走り、海外評価

Jag_New_XF_S_Location_Image_010415_06_LowRes
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

今年9月に日本でも販売が始まった新型XF。フルモデルチェンジして、より高級感とスポーティさのある一台となっている。

ジャガーXF(2016)の総評

豪華なキャビンとキレの良いハンドリング、パワー溢れるエンジンに滑らかなギアチェンジとこのクラスの中では最も優れたパフォーマンスをする車の一台といえるだろう。

評価ポイント

  • 広いトランクスペース
  • ハンドリングのキレの良さは抜群
  • パワーあるエンジン
  • 贅沢なインテリア

マイナスポイント

  • 排気音が騒がしい
  • インフォテイメントシステムの反応が遅い

試乗レビューと海外評価

フルモデルチェンジした2016年のジャガーXFは4気筒エンジン搭載のPURE、PRESTIGEとV型6気筒エンジン搭載さのPORTFOLIO、R-SPORT、Sとある。後者の3タイプについてはどれも十分なパワーと勢いのある加速を見せてくれる。しかしながら、この中型セダンの見た目に似合わない排気音の騒々しさについてはとても残念に感じられた。

トランスミッションは8速A/Tであり、ギアチェンジは滑らかに、かつ迅速に行われていた。燃費についてはV型6気筒エンジンのモデルで10.6km/L前後、4気筒エンジンのモデルで16.7km/L前後と、このクラスの中では平均的な数値であるといえる。今回のモデルチェンジで車体の素材を変え、車体重量を軽くして燃費も良くしてきたXFだが、最近は他の海外メーカーにおいても燃費の向上が重視されるようになってきたことから、「平均」にとどまってしまったといえる。

乗り心地はかなり満足できるものだった。パワーと加速力はもちろん、XFのハンドリングはとびきりキレが良く、ドライブが好きな人間にとってはゾクゾクさせられるものがあった。また、ある程度速度を保った状態で曲がった時でも、XFは安定感があり、快適に感じられた。ダイナミックモードに変えればさらにスポーティな走りをする。ステアリングも正確で、スポーティさとともに安心感も感じられる点は極めて優れているといえるだろう。

インテリアは、ハンサムなスタイリングと使用されている高級素材から、このクラスの中では最も魅力的なインテリアを持つ一台といえるほどに優れている。フロントシートもリアシートも快適で広さもある。ただし、背の高い人にとっては多少リアシートにおいて頭上が狭く感じられるかもしれない。

モデルチェンジ前との大きな変化といえば、トランクスペースだろう。2015年モデルまではトランクスペースの狭さに悪評があったが、今回のXFはトランクスペースも広い。また、装備についても標準装備やオプションによる追加と様々だが、安全性を支える装備から車内空間をより快適なものにしてくれる、娯楽的な要素のあるものまで豊富な選択肢がある。

なお、価格は635万円~1,105万円である。

※2015年の試乗レビューもチェック

海外評価でも、その新しいスタイリング、走りと全体的に好評なようだ。

“The 2016 Jaguar XF may not look too different from the previous model, but it uses a new, primarily aluminum chassis that helps make it lighter and more fuel-efficient. Though somewhat smaller on the outside, its interior volumes have increased, and still it does exactly what you’d hope for from a Jaguar: Look great, and go quickly.” — Edmunds
(2016年モデルのジャガーXFはあまり先代のモデルと大きく見た目が変わった訳でもないが、新しいアルミニウム素材を使うことで車体を軽くし、燃費も向上させている。外から見ると幾分小さくも見えるが、キャビンは広く、さらに、まさに人々がこれまでのジャガーにも望んできたことを実現している。見た目が良くて、速いということだ。

“In fact, the 2016 Jaguar XF shouldn’t have any trouble standing out by any measure. It’s more of a driver’s car than the current 5 Series, more stylish than the E-Class, and more prestigious than the A6.” — Automobile Magazine
(実際のところ、2016年モデルのジャガーXFはどの点から見ても何ら問題のない車といえる。BMWの現行5シリーズよりもドライバーを満足させてくれる走りをするし、ベンツのEクラスよりもスタイリッシュで、そしてアウディA6よりも威信がある。)

画像で確認

Jag_XF_Prestige_Location_Image_010415_09_LowRes

Jag_XF_Prestige_Studio_Image_010415_12_LowRes

Jag_XF_Prestige_Studio_Image_010415_13_LowRes

Jag_XF_Portfolio_Detail_Image_010415_01_LowRes

Jag_XF_Portfolio_Detail_Image_010415_02_LowRes

Jag_XF_Portfolio_Interior_Image_010415_04_LowRes

Jag_XF_Portfolio_Interior_Image_010415_05_LowRes

ライバルは?

  • アウディA6
    パワーあるエンジンと落ち着いたハンドリング、効きの良いブレーキが好評であり、キャビンも魅力的だ。さらに、このクラスの中では極めて優れた燃費ぶりだ。
  • BMW5シリーズ
    パワフルなエンジンと快適な走り心地が魅力。燃費の良いディーゼルエンジンの選択肢もあり、こちらもこのクラスの中では極めて優れた燃費をもつ。

他のラグジュアリーセダンをチェック

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー