MINIクーパークロスオーバー(2016)試乗レビュー:スペシャルモデルのパークレーンの紹介も!

P90174359_lowRes_mini-countryman-park
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

MINIの中で2種類あるSUVのうちの一つクロスオーバー(海外名カントリーマン)。小さな車体ながらキレの良いハンドリングと十分な加速力が魅力的だ。今回は2016年モデルの試乗レビューとともにスペシャルモデルのパークレーンも併せて紹介する。

MINIカントリーマン(2016)の総評

P90146731_lowRes_the-new-mini-country

基本的には2015年モデルと変わっていない。

コンパクト過ぎてしまってカーゴスペースが確保できないことと、車内の様々なボタンが複雑でわかりにくいところは欠点だが、キレの良いハンドリングと小さい車体からは想像できない加速力が魅力的の超コンパクトSUVである。

評価ポイント

201407_P90155088-zoom-orig

  • キレの良いハンドリング
  • 元気いっぱい、加速力あるターボチャージャー付きエンジンのオプション

マイナスポイント

201407_P90155066-zoom-orig

  • インテリアについてはコントロールボタンがわかりにくい
  • カーゴスペースが狭い

試乗レビューと海外評価

201407_P90155080-zoom-orig

2016年モデルのクロスオーバーは4気筒エンジンを標準装備しており、これでも日常生活においては困らないパワーであるが、個人的にはオプションで選択できるターボチャージャー付き4気筒エンジンを選択した方がよりクロスオーバーの潜在能力を引き出してくれるのでおすすめだ。また、標準のマニュアルトランスミッションはギアチェンジを正確に行ってくれるが、オプションで選択できるオートマチックトランスミッションはギアチェンジをよりスムーズに行ってくれる。

ベースモデルのMINIクロスオーバーはこのクラスの中でかなり燃費が良い方である。ベースモデルの燃費は17.2km/Lである。曲がるときには他のMINIモデルに比べるとやや傾きが感じられるものの、安定している。乗り心地は他のMINIモデルと同じように少々硬さを感じた。

インテリアについては、正直なところあまり褒められない。良くも悪くも高級素材とそうでない素材とをうまく混ぜ合わせている。中心のコントロール部分はボタンが複雑に配置されており、分かりづらい印象があった。しかしながら、クロスオーバーはMINIの中でも大きめの車なので頭上や肘置きの部分はフロントシートもリアシートも余裕があある。カーゴスペースは同じ大きさの車の中でも最も小さい部類に入るだろう。収納についてはかなり課題がある。

“The Countryman combines the taller height, available AWD, retro-cool looks and fun driving manners for which Mini is known.” — Kelley Blue Book
(カントリーマン=クロスオーバーは高さもあって、四輪駆動方式も選択できて、レトロな見た目と独特の運転の面白みがある。)

スペシャルモデルのパークレーン

特別仕様のパークレーンはクリーンディーゼルエンジンを搭載した、スタイリッシュなモデルだ。

エクステリアはアール・グレーのボディー・カラーとオーク・レッドのルーフとミラーキャップで何ともおしゃれな雰囲気がある。もちろん、インテリアも英国風にこだわったデザインだ。燃費は12.5-16.6km/Lであり、価格は377万円からである。車のルーフにスノーボードやスキーのグッズなどをのせてアクティビティに出かけても、きっと多くの人々の目をひきつけるだろう。

P90175743_lowRes_mini-countryman-park P90175749_lowRes_mini-countryman-park P90175750_lowRes_mini-countryman-park P90174359_lowRes_mini-countryman-park P90174365_lowRes_mini-countryman-park P90174378_lowRes_mini-countryman-park P90174380_lowRes_mini-countryman-park

MINIや他のコンパクトカーをチェックする

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー