新型スマートフォーフォー試乗レビュー(2016):燃費は?海外での評価は?

carpixel.net-2014-smart-forfour-proxy-12844-hd
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

Aクラス、A1、1シリーズ、ミニなど各社が力を入れているシティコンパクト。2016年からは久々に復活したスマートの4ドア「ForFour」も参戦する。そこで、新型スマートフォーフォーの試乗レビュー、走りや燃費の情報、更には海外での評価や口コミをご紹介したい。

総評

長らく2ドアモデルしか存在しなかったスマートのラインナップに、久々に4ドアモデルが復活した。スマートらしい運転しやすさは、4ドアになりボディサイズが拡大しても健在。また豊富なカラーバリエーションは、スタイリングにこだわる人には嬉しいだろう。乗ってみると、価格やサイズからは意外なほどの快適で静かな乗り心地である。

ただしこのサイズの車であれば仕方がないこととはいえリアシートはやや狭く、また日本導入モデルだと高速で飛ばすにはややパワー不足だ。前列メイン、かつ通勤や買い物など日常利用中心ということであれば、お勧めの一台である。

“The new Smart ForFour is cheap to run and offers a huge range of customisable options. Its small size and great manoeuvrability make it ideal for the city, but it feels stretched on the motorway.” — Car Buyer
新型のスマートフォーフォーは維持費も安く、カスタマイズのオプションが豊富なのも嬉しい。その小さなサイズ操作性の良さ街中で乗るには理想的だが、高速ではややパワー不足な感がある。

der-neue-smart-forfour-exterieur

評価ポイント

  • 取り回しの良さ
  • 頭上空間の広さ
  • 乗り心地の良さ
  • 豊富なカスタマイズオプション

マイナスポイント

  • リアシートの足元の狭さ
  • 高速ではやや見劣りするパワー

Der neue smart forfour, 2014 Polsterung in Stoff schwarz/orange, Instrumententafel und Türmittelfelder in Stoff orange und Akzentteile in schwarz/grau The new smart forfour, 2014 Upholstery in black / orange fabric, Dashboard and door centre panels in orange fabric and contrast components in black/grey

試乗レビュー

個性的なフォルムと、それを彩る豊富なカラーバリエーションが魅力のスマートフォーフォー。全長3490×全幅1660×全高1550mmと、ミニ3DOORの全長3835×全幅1725×全高1430mmと比べてもコンパクトである。

そのサイズだけ見ると、車内はさぞや狭いのだろうと想像するが、実際に乗り込んでみると意外に広い。その秘密は、全長の8割近くを占める室内の長さであり、コンパクトなボディではあるが最大限のスペース確保することで居住性を高めている。とはいえサイズがサイズなので、リアシートは大人が長時間座るのに向いているとは言い難い

日本に導入されるモデルのエンジンは1リッターの3気筒エンジン。新たに搭載された6速デュアル・クラッチ・トランスミッションも手伝って、その加速は軽快かつスムーズだ。後輪駆動ならではの、後ろから押されるような加速を楽しむことができる。パワーは排気量相当で、高速道路ではやや物足りない感覚は否めないものの、都市部を走るには充分だろう。

その走りは、このサイズの車とは思えないほどの上質なフィール。ボディが小さいとどうしてもノイズや振動が気になるものだが、路面の凸凹も穏やかに感じられる程度まで緩和されて、快適な乗り心地と高い静粛性備えている。スピードを上げても、ロールやピッチが抑えられており、至って落ち着いた走りを見せてくれる。

コンパクトなサイズであるが故の小回りの良さももちろん健在。狭い駐車場でも切り返しなしで停められ、初めて免許を取った人にも自信を持ってお勧めできる気がした。それでいて運転を楽しむこともできる、味わい深い一台だといえよう。

 

smart_fortwo_forfour-668

スマートと比較するならこちら!

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー