ホンダオデッセイ試乗レビュー(2016):7人乗りミニバンの走りは?海外での評価も

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

最近はBMWのグランツアラーやベンツのVクラスなど、海外メーカーも力を入れているミニバン。しかし、昔からミニバンが根強い人気を誇っていたミニバン大国日本も負けてはいない。そこで今回は、日本を代表するミニバン、ホンダのオデッセイの試乗レビューや海外の評価をご紹介したい。

総評

7人乗りミニバンのホンダオデッセイは、スムーズな乗り心地と、それでいてスポーティーなハンドリングが魅力の一台だ。ハイテク装備も充実しているほか、両側スライドドア、乗り降りしやすい低フロア、自在にレイアウトを変更できるシートなど、ファミリーに嬉しい機能も多く取り入れられている。

“When it comes to tackling the needs of growing families, the 2016 Honda Odyssey minivan is the undisputed champ. While big SUVs might be tempting, they can’t match the efficiency provided by the Odyssey’s.”
育ち盛りのファミリーのニーズに応えるということに関して、ホンダオデッセイは揺るぎないナンバー1だ。大型SUVも魅力的だが、オデッセイの使い勝手の良さには敵わないだろう。

 011_o

評価ポイント

  • 洗練された走り
  • 頭上の圧倒的な広さ
  • 使いやすさを重視した装備

マイナスポイント

  • (強いて挙げるなら)
    薄くなったオデッセイらしさ

014_o

試乗レビュー

5代目になり、走りや乗り心地だけでなく、使いやすさが大幅にアップしたオデッセイ。それまでの個性的なスタイリングは鳴りを潜めたが、ファミリー層には嬉しい両側スライドドアなどを搭載するようになった。大きな方向転換といっていいだろう。

その方針は、車内空間にも感じられる。フロアが低くなったことで、子どもやお年寄りも乗り降りがしやすく。しかも、更に背が高くなったことにより、車内空間は子どもが立てるほど。更にボディサイズが大きいヴェルファイアやアルファードに比べても、見劣りしない広さを備えている。価格の割にラグジュアリーな質感もポイントが高い。

ボディサイズは大きくなっているものの、その走りは寧ろ一回り小さな車を連想させる。スポーティーなハンドリングと、それに遅れることなく付いてくるシャシー。一体感のある走りを楽しむことができる。国産車としてはやや足回りは硬い印象だったが、路面の衝撃をナチュラルに伝えてくれる洗練した走りは流石はホンダといっていいだろう。

ミリ波レーダーと単眼カメラを用いて車の前方を確認するホンダセンシングにより、自動ブレーキや誤発進抑制機能なども搭載。もちろん、側面衝突に備える充実したエアバッグやハンドル操作のアシスト機能、強度の高いボディ骨格など安全性にこだわりたいファミリー層のニーズにしっかり応えた一台に仕上がっている。

015_o

ミニバンや7人乗りについてもっと読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー