ハイブリッドSUVランキング2016:環境性能、走り、質感を兼ね備えた一台は?

lexus-lexus-rx450h_100506562_h
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

昨今、日本でも大きなブームとなっているSUV。視点の高さや走破性など魅力も多い反面、セダンに比べると燃費性能が見劣りするのが難点だ。しかしハイブリッドSUVならそんな悩みも解決してくれる。そこで今回は、環境性能、走り、そして高級感なども踏まえてハイブリッドSUVのランキングをご紹介したい。
 

第3位はレクサスNXハイブリッド

2016_Lexus_NX_Hybrid_1

  • サイズ:全長4,630mm×全幅1,845mm×全高1,645mm
  • 燃費:21.0km/L(JC08モード)

第3位はレクサスNXハイブリッド。ハイブリッドならではの高い燃費性能に加えて、モダンなインテリアが魅力の一台だ。運転席はサポート感が強く、後部座席の足元も余裕がある。レクサスらしく安全性評価が高いのも嬉しい。

立ち上がりはパワーがあるものの、その後の加速や高速域でのパワーはやや物足りない。またカーゴスペースは、同じようなボディサイズの車の平均よりも小さく、実用性という観点ではやや残念である。

※レクサスNXについてもっと読む

“The 2016 Lexus NX is a comfortable, high-tech and sophisticated compact-luxury-crossover SUV, combined with the legendary reliability that made Lexus famous, and all wrapped in cutting-edge styling.” — Kelley Blue Book
2016年式のレクサスNXは快適で、ハイテクで、そして洗練されたコンパクトラグジュアリークロスオーバーで、レクサスならではの高い信頼性と先端のスタイリングを備えている。

 

第2位はポルシェカイエンハイブリッド

2015_Porsche_Cayenne_Hybrid_1

  • サイズ:全長4,855mm×全幅1,940mm×全高1,710mm
  • 燃費:10.2~10.5km/L(NEDC値)※レクサスと基準が違うため注意

第2位はポルシェのプラグインハイブリッド、カイエンS Eハイブリッド。ポルシェというブランドに恥じないインテリアの高級感パフォーマンス性能は流石。専門家による試乗フィールでも高く評価されている。安全性評価のスコアが一歩及ばずレクサスRXに一位を譲ったが、比べても決して見劣りしない一台だ。

100km/hに達するまでわずか5.9秒最高速度は243 km/hと、パワー・加速ともガソリンエンジンモデルと比べても全く引けをとらない。俊敏なハンドリングも手伝って、燃費性能と運転する楽しみをうまく両立している。

※ポルシェカイエンについてもっと読む

“The 2015 Porsche Cayenne is at once sporty and sumptuous, and its comprehensive lineup includes a diesel-powered model and a plug-in hybrid. It might be the best all-around crossover on the market.” — Edmunds
ポルシェカイエンはスポーティーにして壮麗、そしてラインナップにはディーゼルとプラグインハイブリッドモデルも備えている。今市場に出ているオールラウンドクロス―バーでベストの一台といっても過言ではないかもしれない。

 

第1位はレクサスRXハイブリッド

2016_Lexus_RX_Hybrid_10

  • サイズ:全長4,890mm×全幅1,895mm×全高1,710mm
  • 燃費:18.8km/L(JC08モード)

第1位はレクサスRXのハイブリッドモデルである450h。弟分のレクサスNXを上回るパフォーマンスと、ポルシェカイエンよりも優れた安全性が評価され第1位に。またインテリアも、レクサスながらポルシェに見劣りしない、質感の高いデザインに仕上がっている。

その乗り心地は快適そのもので、落ち着いた走りが特徴だ。走る楽しさという点ではライバルに見劣りするものの、そのパワーやスピード感はガソリンエンジンモデルにも負けない。

※レクサスRXについてもっと読む

“This RX offers more of the luxury, interior ambiance and creature comforts expected in this segment.” — Edmunds
今年のRXはこのセグメントに相応しいラグジュアリー感、雰囲気のあるインテリア、そして包まれるような快適さを備えている。

“Block out whatever visual excitement the styling creates, and the ’16 RX is basically what it’s always been: exciting mostly for its steady, annoyance-free behavior, or for the possibilities its multi-role capability suggests.” — AutoWeek
目を引くスタイリングを除くと、2016年式のRXは基本的に、今までの良いところを踏襲している。安定感のあるストレスフリーな走りや、様々な目的に使えそうなところが一番の魅力だ。

 

ハイブリッドやSUVについてもっと読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー