フォードのラインナップまとめ後編(2016):日本撤退前に押さえておくべきモデルは?

2015 Ford Mustang GT
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

日本撤退ということで注目を集めているフォードマスタングエクスプローラーなど日本でも人気モデルがあるので、撤退前にチェックしておきたい。そこで今回は、日本に正規輸入されているフォードのラインナップとそのレビューをまとめてご紹介したい。後編は、ハッチバック、セダン、ワゴン、スポーツカーなど、前編で紹介したSUV以外である。
 

コンパクトハッチバック『フィエスタ』

Ford-Fiesta-2016-

  • 全長3,995×全幅1,720×全高1,475
  • 2,360,000円 (消費税込)~

フォードが販売するハッチバックで、フォードラインナップの中で最もコンパクトなフィエスタ。アメリカ車というと燃費が悪いというイメージがあるが、そんなイメージを覆す、17.7km/l(JC08モード)という燃費性能を誇る一台だ。

俊敏なハンドリングに加え、最もパワーと燃費のバランスが良いターボチャージ付き直列3気筒エンジンが日本に導入されているのも嬉しい。荷物スペースはやや狭いことから、あくまで日常利用のための車という感じだが、その分、使いまわしやすいサイズ感である。

※フィエスタの試乗レビューをもっと読む

“Despite its entry-level status and sub-$16,000 starting price, the Fiesta brings efficiency, good looks and robust technology to the table. … The Fiesta is due for a refresh soon, but even five years into its current generation, this small sedan and hatchback offer much to like.” — Kelley Blue Book
エントリーレベルという扱いと、16000ドル以下というスタート価格にも関わらず、フィエスタは燃費効率も、デザイン性の高さも、テクノロジーも兼ね備えている。もうすぐ新モデルになる予定だが、現行モデルになって5年経った今も充分な魅力がある。

 

セダン、ハッチバック、ワゴンを展開する『フォーカス』

2015_Ford_Focus_30

  • 全長4,385×全幅1,810×全高1,470
  • 3,090,000円 (消費税込)

マイナーチェンジを経て、スタイリングが大きく変わったキャビンが一番の注目ポイントのフォーカス。上質な素材を使っており、作りも丁寧でセンスを感じさせる仕上がりである。後部座席やカーゴスペースはやや狭いため、通勤や子供の送り迎えなどシティユース向けの一台だ。

その走りは極めて軽快で、ステアリングも思い通りの動きを見せてくれる。超パワフルとはいわないが、普段使いに合った、程よいパワー感を備えている。優れたチューニングも手伝って、運転していて楽しくなる一台だ。

※フォーカスの試乗レビューを読む

“The 2015 Ford Focus deserves a look if you’re in the market for a fuel-efficient compact that comes with an extra helping of style, technology, comfort and a fun-to-drive nature.” — Kelley Blue Book
2015年式のフォードフォーカスは、燃費が良いコンパクトカーで、スタイルテクノロジー快適さ、そして運転する楽しさを備えている。一見の価値があるだろう。

 

フォードを代表するクーペ『マスタング』

2015 Ford Mustang

  • 全長4,790×全幅1,920×全高1,380
  • 4,650,000円 (消費税込)

素晴らしいハンドリング高級さがアップしたキャビン、そしてパワフルなエンジンと、ほぼすべてにおいて高い評価を得ているフォードのマスタング。フォードを語る上で外せない一台であり、ボンドカーとしても活躍したことがある歴史あるモデルだ。

スポーツカーながら以外に燃費性能も高く、同じような排気量を備えた車と遜色のない数値を出している。一番の魅力はその走りであり、運転を楽しませてくれるシャープなハンドリングに加え、反応の良いステアリング、それいでいて振動を抑えた落ち着いた走りは見事なバランスである。

※マスタングの試乗レビューを読む

“Whether you choose the V6, new EcoBoost 4-cylinder or (obviously) the V8, all Mustang models are notably quick. However, it’s the last of these that truly sounds like a Ford Mustang should, with an auditory rumble and roar that’s pure Americana.” — Kelley Blue Book
V6、エコブースト、4気筒、V8。どのエンジンを選ぼうと、マスタングは特筆すべき速さを備えている。しかし、アメリカ車らしい唸るようなサウンド、マスタングのあるべき音を備えている最後の一台になってしまった。

 

 

もっとフォードについて読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー