アウディ新型Q7(2016)レビュー:3月下旬より販売決定の7人乗りも可能なSUV情報!

Audi Q7
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

これまで日本ではQ3Q5しか展開していなかったアウディのSUV、Qシリーズ。しかし、ついに日本でも3月下旬よりQ7が再販されることになった。フルモデルチェンジも経たQ7について、今回は画像も多く盛り込んで紹介する。

新型Q7の概要

Audi Q7

  • 新車価格:804万円~
  • サイズ :全長5,052mm×全幅1,968mm×全高1,735mm
  • 燃  費:13.0-18.2km/L

日本では2012年モデルを最後に一度販売が打ち切られていたQ7。今回はモデルチェンジを経た新型Q7が日本でも販売されることになった。3月下旬より販売開始となる。

サイズとしては、ベンツGLEクラスよりも大きく、GLクラスよりは小さい。BMWのSUVと比較すると、最も大型であるX6よりも大きい。サイズの分類としてはFセグメントに入り、かなり大きいといえる。
大きいということで、自然と期待したくなるのが乗車定員。最近は7人乗りのSUVもかなりの人気ぶりである。今回のQ5はというと、2列シートの5人乗りと3列シートの7人乗りが選択できる。7人乗りはオプションでの選択となり、これはランドローバーのレンジローバースポーツやディスカバリースポーツと同様の仕組みである。5人乗りを選択すれば、当然ながらかなりの広さが期待できる。

以前はカーゴスペースがやや狭いという評価も受けていたQ7だが、今回のカーゴスペースの容量は7人乗りの場合で295リッター、5人乗りの場合で890リッター、シートを折りたたんだ場合は最大2,075リッターとなる。

エンジンはベーシックモデルで2.0リッター4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載しており、上級グレードを選べば3.0リッターV型6気筒スーパーチャージャーエンジンとなる。V型6気筒エンジンの場合、最高出力は245kW、最大トルク440Nmである。トランスミッションは8速A/Tであり、駆動方式は当然ながらアウディが誇るクワトロシステム(四輪駆動方式)である。
新型Q7は従来のQ7に比べてその重量が300kgも軽くなっているので、走りもその分軽く感じられるかもしれない。

インテリアについてはこれまでも高級な素材を使っており、ラグジュアリー感があると定評があった。今回はモデルチェンジを通してより余裕のある雰囲気になった。サイズが小さくなったにも関わらず、実質的なインテリアの広さも充実しているという。

海外での評価

良くも悪くもFセグメントになるととにかく「大きい」印象が強いようだ。狭い道ではかなり動かしにくいことが予想される。しかしながら、その大きさを受け入れてしまえば、スタイリングも走行性も改善されている新型Q7の存在はとても魅力的に映るようだ。

“As chic as it is spacious, few three-row vehicles can top the Q7 when it comes to mixing style with utility.” –Car and Driver
広々としており、かつ上品。3列シートの車そのものが少ないものの、Q7はデザイン性と実用性が合わさってその頂点に立てる車だといえる。)

“Weighing an astonishing 325kg less than its predecessor, the Q7 is cheaper to run and better to drive than ever before.” –Auto Express
(先代モデルと比べて何と325kgも車体重量が軽くなっていることから、今回のQ7は維持費も安くなり、これまでのどのモデルより走りも良くなっている。)

“The all-new Q7 is a bit more compact than before – and a lot better to drive.” –Top Gear
(フルモデルチェンジしたQ7はこれまでより若干コンパクトになっており、そして運転する上では様々な点が改善されている。)

“On the move, you can’t help but notice the Audi Q7’s large dimensions, but it’s luxurious, comfortable and quiet.” –Edmunds
(乗ってみると、アウディQ7の大きさを嫌でも感じてしまうが、ラグジュアリー感があり、快適で、そして静かだ。)

ライバルとなる車は?

今回、新型Q7のライバルとして挙げたいのがレクサスRX。フルモデルチェンジをしたばかりのSUV。現在は5人乗りのみ販売しているが、7人乗りの開発も着実に進んでいる。快適な乗り心地と走り、広くて余裕のあるリアシートや広いカーゴスペースが魅力だ。もちろん、さらに大型のLXと悩む人もいるだろうが、RXは金額も抑えられる(ハイブリッドタイプのRX450h、VersionLでも700万円強で購入できる)のでお得感があるだろう。

画像で確認

Audi Q7

Audi Q7

Audi Q7

Audi Q7

Audi Q7

Audi Q7

Audi Q7

他のSUVや新車情報をチェック

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー