レクサスの中古セダンおすすめランキング2016年版【後編】:海外評価、中古車在庫情報も!

2013-lexus-ls-teaser-1680
Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

信頼性と安全性で、日本でも人気があるレクサス。最近はSUVのNXやRXも注目を集めているが、街でよく見るレクサスといえばやはりセダンだろう。前編に続き、今回も中古のレクサスを検討している人にお勧めのモデルをランキング形式でご紹介したい。
 

第5位はレクサスLSハイブリッド

lexus-ls600hl-ri_653

レクサスのフラッグシップモデルであるLSのハイブリッドモデルであるLS600hが第5位に。ハイブリッド車がデビューしたのは4代目LSの時の2007年であり、日本のみならず海外のVIPのためのオフィシャルな車としても使われているモデルである。

乗り込んでみると、いたって快適で静か。フラッグシップモデルに相応しい、優雅な時間を演出してくれる。また5リッターV型8気筒エンジンに強力なモーターを組み合わせており、最高出力は445馬力をもマークするという強力なパワーも備えている。

レクサスLSの中でも上級グレードであるLS600hだが、走りの質が高いのはガソリン車だという評価もあり、そのために5位に留まった。とはいえ元が非常に高価な車だけに中古車で買うメリットが大きく、ガソリン車のレクサスLSと併せて検討してみて欲しい。

※レクサスLSハイブリッドの試乗レビューを読む

While it offers superb luxury for those in the rear, there’s little for the driver to get excited about.–Auto Express
後部座席の人にすばらしいラグジュアリー感を味わわせてくれるが、ドライバーがわくわくできるポイントはあまりない。

 

第4位はレクサスGS

2016_Lexus_GS_14.jpg

日本では2005年より発売されている大型セダンレクサスGS。ベンツのEクラスやBMWの5シリーズ、アウディのA6などと比べられる、世界でも競争激しいセグメントのモデルであるため、非常に高いレベルに仕上がっているのが特徴の一台である。

特に評価が高いのが、ラグジュアリー感をたたえたキャビン。最高級の素材を使い、丁寧に仕上げられている。運転席もリアシートも充分なスペースがあり、長時間座っても疲れにくいサポート感も備えている。またスポーティーなハンドリングも評価されており、ステアリング、グリップ感ともに上々である。ハイブリッドモデルと比べても、運転を楽しむことができると言われている。

レクサスのラインナップの中では歴史が長く、中古車市場にも在庫が多いモデルであるレクサスGS。そのため、新車価格の割に価格が抑えられており、かつ自分の予算に合わせて状態を選べるのはポイントが高い。また2015年にマイナーチェンジを経ているため、比較的新しいモデルもリーズナブルな価格で買える可能性が高いのも上位に入ってきているポイントである。

※レクサスGSの試乗レビューをもっと読む

“Take a test-drive and you’ll likely be impressed by the GS’s sharp handling, which can be further bolstered by the F Sport package for those with a greater penchant for performance.” — Edmunds
試乗してみると、GSのシャープなハンドリングに驚くことだろう。パフォーマンス重視の人には、その性能が更にアップするFスポーツパッケージも用意されている。

 

第3位はレクサスCTハイブリッド

2015_Lexus_CT_Hybrid_14

reative Touring vehicleの略であるレクサスCT。正確にはセダンではなくハッチバッグだが、非常に出来のいい車で人気も高いため、あえて今回はランキングに入れている。ハイブリッド専用車であり、またコンパクトなボディも手伝って非常に燃費性能が高いのも魅力の一台だ。

2011年に発売されて以来、大きなモデルチェンジなどを経ていないレクサスCT。立体駐車場に停めるにも困らないサイズに仕上がっており、またカーゴスペースも広いなど実用性が高い。超パワフルという訳ではないが、そのパワーや加速も日本の街中で使うのには丁度良い。大きくないため後部座席の足元などはやや狭いものの、ファミリーカーに好適の一台だ。

発売されてから日も浅いモデルということもあり、中古車市場に出回っている車も状態が良いものが非常に多い。また人気モデルということもあり中古車の在庫も豊富であるため、自分の条件に合わせて選べるのもポイントが高い。2014年にマイナーチェンジをしているため、その前後のデザインを比較して好みのものを選んでほしい。
※レクサスCTの試乗レビューをもっと読む

“While the CT 200h doesn’t offer the same fuel economy as a Prius, it has already established itself as a fuel-efficiency leader in the luxury class.” — Kelley Blue Book
CTの200hはプリウスほどの燃費の良さはないものの、ラグジュアリークラスの中では燃費をリードをする存在として確固とした地位を築いている。

 

第2位はレクサスIS

2016_Lexus_IS_1.jpg

Inteligent Sportの略である、レクサスISが第2位。年式にもよるが、幅は1800㎜以内におさえられており、立体駐車場にも停めることができるため、使いやすいサイズ感で人気の一台だ。

その名にSportが入っているように、ガソリン車のレクサスISはレクサスラインナップの中ではかなりスポーティーな走り。またインテリア、およびエクステリアのデザイン性の高さも評価が高い。落ち着いた、快適さ重視の乗り心地はレクサスらしいといっていいだろう。

2005年発売と歴史が古く、しかも人気モデルということもあり、中古車市場でも在庫は豊富。走行距離が極めて短い、ほぼ新車のような車から、かなり古いが非常に安く購入できる車も見つかる。また頻繁にモデルチェンジ、マイナーチェンジをしているため、その時々で最新の技術を数多く搭載していることが多いのも嬉しいポイントだ。

※レクサスISの試乗レビューをもっと読む

“The 2015 Lexus IS 250 offers daring styling, excellent build quality and benchmark steering feel, but it trails most rivals in performance and fuel efficiency.” — Edmunds
レクサスIS250は大胆なスタイリング、素晴らしい仕上がりを備えており、またステアリングのフィールも良い。しかし性能や燃費という点では他社に劣っていると言って問題ないだろう。

 

第1位はレクサスLS

2014_Lexus_LS_11.jpg

Luxury Sedanという名を持つレクサスLSが第1位。レクサスのフラッグシップモデルであり、サイズとしても最も大型なモデルである。レクサスLSとして販売されるようになったのは2006年からであり、2013年には一度モデルチェンジを経験している。

ガソリンモデルのレクサスLSは、ハイブリッドモデルよりも走りの質が高いと専らの評判である。路面の情報を的確に伝えてくれるが、不快なノイズは抑えられており、何とも洗練された走り。またハイブリッドモデルと比べても、ハンドリングも軽快だ。

中古車というのは一般に、高価なモデルほど新車価格からの割引率が高いことが多く、お得に買えることが多い。レクサスLSもその例に漏れず、新車価格は1000万円を超えるが、中古車だと状態の良いものが数百万円程度で買えることも珍しくない。LSのハイブリッドモデル比べても中古車在庫も豊富なため、自分の条件に合ったものが見つけやすい。

※レクサスLSの試乗レビューをもっと読む

“The 2015 Lexus LS 460 embodies everything you’d expect in the ultimate Lexus luxury sedan. It is whisper-quiet, well built and fantastically luxurious.” — Edmunds
2015年のレクサスLS460は、高級セダンに求められるものを全て兼ね備えている。非常に静かで、作りも良く、そしてうっとりするほど豪華だ。

 

 

レクサスやトヨタについてもっと読む

Share this ! ! Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

関連エントリー